HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Science >
Research Report (Faculty of Science) >

 
Title :変動環境下における樹木のCO_2及びH_2Oガス交換機能
Title alternative :CO_2 and H_2O gas-exchanges of trees in changeable environments
Authors :萩原, 秋男
小川, 一治
Authors alternative :Hagihara, Akio
Ogawa, Kazuharu
Issue Date :Mar-1998
Abstract :平成7年度-平成9年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書
研究概要:11年生ヒノキ林分において,樹高5.5mのサンプル木の高さ4.4mに存在する2本の枝を選定し,それぞれ同調同化箱を設置した。そのうちの1本(径,3.8mm;長さ,63cm)を370ppmの濃度(コントロール区)下で,また,他の1本(径,3.6mm;長さ,56cm)を800ppmの濃度(高濃度区)下に置いた。それぞれの区のCO_2ガス交換速度を通気法により赤外線ガス分析計で連続的に測定した。各月の夜間呼吸速度に対するQ_<10>と夜間の月平均気温との関係を調べた。両濃度ともに冬季にQ_<10>が高く、一方、夏期Q_<10>が低かったが,高濃度区のQ_<10>はコントロール区のQ_<10>よりも常に低い値であった。実験を開始直後において両区での呼吸速度の間に差は認められなかったが,高濃度区での呼吸速度は6ケ月間でコントロール区での呼吸速度のほぼ1.5倍まで増加し、その後は1.5倍で推移した。このことは,高濃度区での光合成速度が実験開始直後からコントロール区での光合成速度よりも高かったことと異なる現象であった。また,冬季においては,高濃度区での光合成速度はコントロール区での光合成速度を下回ったが、呼吸速度に関してはこのような現象は認められなった。以上の結果は,以下のようにまとめることができる。1)高CO_2は,温度の増加に対する呼吸速度の増加の度合い(すなわちQ_<10>)を低下するように作用した。2)高CO_2は,呼吸速度の増加をもたらすが,その影響には時間遅れが認められた。このことは,高CO_2が光合成速度の増加をもたらす影響が実験開始と同時に現れたことと対照的であった。3)高CO_2は,光合成に対しては気温の低い冬季にはネガティブに影響するが,呼吸速度に対してはこのような影響は認められなかった。
The effect of elevated atmospheric CO_2 concentrations on the nighttime respiration were examined for two sample branches of a hinoki cypress (Chamaecyparis obtusa (Sieb.et Zucc.) Endl.) tree growing in the field with an open gas exchange system. The branches were of a similar size and located at a similar position within the crown. One branches was subjected to ambient air which had a CO_2 concentration of about 370 mu mol mol^<-1>. The nighttime respiration rate was higher in elevated CO_2 level than in ambient CO_2 level. The relationship between hourly nighttime respiration and the corresponding nighttime air temperature was fitted with the exponential function in every month. The segregation of the regression lines between the two CO_2 treatments increased gradually as the season progressed. The Q_<10> values for nighttime respiration were lower in elevated CO_2, i.e.1.9 to 3.7, than in ambient CO_2, i.e.2.4 to 4.5 in every month. The Q_<10> was inversely related to the monthly mean nighttime air temperature in both elevated and ambient CO_2. The estimated daily dark respiration rate showed a similar seasonal pattern in both CO_2 treatments, which almost synchronized with the temperature change. The respiration ratio of elevated CO_2 to ambient CO_2 increased gradually from 1.0 to 1.5. The present results indicated that the CO_2 level and the temperature have a strong interactive effect on respiratory activities.
未公開:P.7以降(別刷論文のため)
Type Local :研究報告書
Publisher :萩原秋男
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/11288
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Science)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
07456071.pdf表紙、目次、はしがき2760KbAdobe PDFView/Open