HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Science >
Research Report (Faculty of Science) >

 
Title :サンゴ礁における石灰化速度と二酸化炭素濃度のモニタリング
Title alternative :Monitoring of coral calcification rate and CO_2 concentration at coral reef.
Authors :大森, 保
棚原, 朗
渡久山, 章
伊佐, 英信
Authors alternative :Oomori, Tamotsu
Tanahara, Akira
Tokuyama, Akira
Isa, Eishin
Issue Date :Mar-1993
Abstract :平成3年度~平成4年度科学研究費補助金(一般研究B)研究成果報告書
研究概要:本研究助成金により、サンゴによる二酸化炭素の吸収実験、サンゴ礁で二酸化炭素濃度変動観測をおこない、さらに大気海水中の二酸化炭素濃度をモニタリングするシステムを構築した。本研究の成果は以下のように要約できる。 (1)サンゴの飼育実験では、サンゴの生育中の海水から有効に二酸化炭素を吸収することがわかった。 (2)昼間に共生藻(Zoothanthella)による光合成と石灰化が平行して行われる。昼間の光合成量は夜間の呼吸量を上まっており余剰生産がある。基本的にはこれにより、海水中から二酸化炭素を吸収する。 (3)石灰化過程は基本的には二酸化炭素放出反応であるが、サンゴあるいはサンゴ礁では、光合成が駆動して石灰化が促進されているようなときには、光合成速度の方が石灰化速度よりも大きいので、さんごの石灰化によっては二酸化炭素が放出されないことがわかった。この2、3年サンゴ礁が二酸化炭素を放出するかそれとも吸収するかの議論があるが、短期間の観測では、サンゴは二酸化炭素を効果的に吸収すると結論される。 (4)石灰化速度と有機物生産ぼ速度は1:3で光の強さには依存しない。 (5)サンゴ礁での二酸化炭素の挙動を観測すると、水槽での飼育実験と同様に、二酸化炭素を吸収するような傾向にある。しかし、海流、地下水の寄与、水温変化など気象・海象条件が複雑であるので厳密なことは言えない。今後、二酸化炭素濃度を精密に測定し、二酸化炭素の収支を測定する必要がある。 (6)本研究により、大気-海水中の二酸化炭素濃度を継続的に測定できるシステムを構築できた。装置の構成は、海水-ガス平衡器、赤外線ガス分析装置(NDIR)、データロガー、プログラムスウィッチである。これにより、1時間ごとに精度良く二酸化炭素濃度の測定が可能となった、大学キャンパスでの二酸化炭素濃度は昼と夜では約5ppmの濃度差があり、夜間で高い。また夕方にも一時的に高くなるが、これは車の往来が多くなることによるものであろう。瀬底島熱帯海洋科学センタ-の建築工事の終了をまって、センターに設置し、サンゴ礁での二酸化炭素濃度のモニタリングを継続して行う計画である。
(1) The most important question is whether corals uptake or release CO_2 from sea water or from air" In this research Project, cultivation study of hermatypic corals revieled that coral can uptake the carbon dioxide from sea water effectively, awing to the coexistence of xoozanthella in the coral cells. (2) The rate of calcification by coral is controlled by the intensity of light intensity during daytime, which is proportional to that of primary production by zoothanthella. It is suggested that calcification process and the photosynthesis process are kinked each other in the coral-zoothanthella ecosystems. The ratio of coral calcification rate to that of primary organic production(photosynthesis) is lower than unity(ca. 1/3), which is very important for the coral can uptake CO_2 from sea water. Because calcification process itself is considered as CO_2 release process,, on the other hand, photosynthesis is a CO_2 uptake process. (3) The distribution and variation of CO_2 concentration in coral reef was observed. Durnal variaton of CO_2 was clearly observed, which is analogous to that of caltivation study. It is suggested that CO_2 can also be uptaked by coral living organisms effectively. The remained problem is where the produced organic substances are trasported, deposited and the decomposed. It is generalized that CO_2 problems in coral reef is analogous to that of open sea. (4) Monitoring system for CO_2 concentration was established. This system can monitor automatically the CO_2 variation both in air and in sea water.
未公開:P.9以降(別刷論文のため)
Type Local :研究報告書
Publisher :大森保
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/11367
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Science)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
03455019.pdf表紙、はしがき、他3313KbAdobe PDFView/Open