HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Engineering >
Research Report (Faculty of Engineering) >

 
Title :塩害環境下における鉄筋コンクリート構造物の劣化予測に関する研究
Title alternative :Study on Estimation Method of Durability for Reinforced Concrete Structures under Chloride Contaminated Environment
Authors :山田, 義智
Authors alternative :Yamada, Yoshitomo
Issue Date :May-2003
Abstract :平成13年年度~平成14年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書
研究概要:塩害環境下における鉄筋コンクリート構造物の合理的な耐久設計および適切な耐久性診断を行う為には,コンクリートの設置される場所の塩害負荷指標となる飛来塩分量の値を明確にする事と,コンクリート中への塩化物イオンの浸透過程を明らかにし,鉄筋周りの塩化物イオン量を定量的に把握する必要がある。本研究は,鉄筋コンクリート構造物の合理的な耐久設計および耐久性診断に資する事を目的として,塩害環境下におけるコンクリート中への塩化物イオンの浸透過程を解明する事に取り組んだ一連の研究成果をまとめたものである。以下に,本研究において得られた成果を総括する。 1.鉄筋コンクリート構造物の塩害問題に関する歴史的な背景を述べ,外部環境からコンクリートへ浸透する塩化物イオンに起因する塩害については,未だに十分な検討がなされていないことを示した。そして,コンクリート中への塩化物イオンの浸透に関する研究や,塩害環境を決定する最重要因子である飛来塩分量に関する既往の研究の現状について述べ,本研究の目的を明らかにした。 2.塩害環境を決定する最重要因子である飛来塩分量を定量的に把握することを目的として,内陸部への飛来塩分の移流拡散に関して,実験的および解析的に検討を行った。この解析手法より得られた結果と実測結果を比較検討したところ,良好な一致を得た。 3.ニューラルネットワークによる塩化物イオン浸透解析手法を提案し,その適用性について検討した。提案する本解析手法を暴露実験結果と比較したところ,実測値と良く対応した結果が得られた。本研究で得られた成果は,厳しい塩害環境下における鉄筋コンクリート構造物の耐久設計や維持・管理計画に十分役立つものと考える。
In order to perform rational durability design and proper diagnosis of reinforced concrete structures under chloride contaminated environment, it is necessary to understand the characteristics of air born chlorides and clarify the penetrating process of chloride ions into concrete. Also, it becomes important to evaluate the amount of chloride ions around steel reinforcement quantitatively relating with time. Therefore, this research presents experimental and analytical studies on the characteristics of air born chlorides and the penetrating process of chloride ions into concrete. The outline of the discussion about research result is as following; The background of this research and wide survey of related researchers are presented in order to show the purpose of this research. 1. The advection and diffusion equation of air born chlorides proposed here takes account of the surface roughness and the shielding effect due to barriers. The analytical results of the proposed equation are obtained by using the finite element method (F.E.M.), and the results are compared to the field data. It is confirmed that they are closely related each other qualitatively and quantitatively. 2. This paper proposes an evaluating method of chloride ion content in concrete by the Neural-Network. Output data from the Neural-Network are confirmed to present proper values which are closely related to the measured data. Recently, premature deterioration of existing reinforced concrete structures has become a public concern and future reinforced concrete structures are required to have durability. Therefore, the results from this research are believed to give valuable information for durability design and diagnosis of reinforced concrete structures under chloride contaminated environment.
未公開:P.130以降(抜刷論文のため)
Type Local :研究報告書
Publisher :山田義智
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/11387
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Engineering)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
13650636-1.pdf表紙、はしがき、研究概要、目次1476KbAdobe PDFView/Open
13650636-2.pdf第1章3852KbAdobe PDFView/Open
13650636-3.pdf第2章12604KbAdobe PDFView/Open
13650636-4.pdf第3章8418KbAdobe PDFView/Open
13650636-5.pdf第4章 その17341KbAdobe PDFView/Open
13650636-6.pdf第4章 その26123KbAdobe PDFView/Open
13650636-7.pdf第4章 その38578KbAdobe PDFView/Open
13650636-8.pdf第4章 その43443KbAdobe PDFView/Open
13650636-9.pdf第5章1167KbAdobe PDFView/Open