HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Science >
Research Report (Faculty of Science) >

 
Title :イシサンゴの種特異性および自己特異性に関する研究
Title alternative :Studies on species-and self-recognition in scleractinian corals
Authors :日高, 道雄
Authors alternative :Hidaka, Michio
Issue Date :Apr-1997
Abstract :平成7~平成8年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書
研究概要:ハナヤサイサンゴの幼群体同士を接触させると、多くの場合、組織、骨格とも瘉合するものの、組織、骨格とも異常な形態を示す非適合瘉合反応を示すことを昨年報告した。非適合瘉合を示すペアでは、いったん瘉合した組織が局所的な細胞死を起こして分離すると考えられ、最終的には、間に骨格の壁をつくって非瘉合になり安定すると思われる。非適合瘉合がハナヤサイサンゴの成群体間でも生じるのかを調べるため、成群体より採取した枝を10-38日間接触させ、その反応を調べた。その結果、同群体由来の2組合わせ2ペア、異群体由来の3組合わせ9ペアで瘉合が観察されたが、残りの異群体由来の13組合わせ36ペアは非瘉合を示した。ハナヤサイサンゴの成群体間では、非適合瘉合は観察されず、非適合瘉合反応は幼群体に特有の反応であることが分かった。幼群体では、まだ組織非適合システムが十分発達していないため、一時的に瘉合が起こってしまうと考えられる。非瘉合を示すペアの組織は、バリアーとして機能すると思われる物質で隔てられていた。しかし、両組織は成長先端部では接触しており、接触面の皮層組織に細胞外空間または大きな液胞が生じていた。このことは、非瘉合のペアでも、何らかの組織非適合反応が生じていること、そしてこの反応が覆いかぶせ反応における優劣の序列を決めている可能性を示唆する。隔膜糸攻撃は異種間でのみ見られることから、サンゴは種特異抗原のようなマーカーを用いて同種異種を認識していると考えられる。今回隔膜糸攻撃の有無を様々な属のサンゴ間で調べた。その結果、隔膜糸攻撃の有無が2種のサンゴの系統上の類縁度と関係していることが示唆された。
研究概要(英文) : Developmental changes in histocompatibility reactions and the cellular mechanism of transformation from incompatible fusion to nonfusion in the coral Pocillopora damicornis were studied. When primary polyps or young colonies derived from different colonies of a coral, P.damicornis were brought into contact within a few days after settlement, they showed either fusion or incompatible fusion. When branches isolated from adult colonies were brought into contact they showed either fusion or nonfusion. The present results suggest that the coral do not have functional histocompatibility system to avoid tissue fusion at an early stage of development. Pairs that show incompatible fusion transformed into nonfusion or disconnection after several months. Large extracellular spaces and cells with condensed nuclei and small amount of cytoplasm were observed at the interface of incompatibly fused pairs. This suggests that cells at the interface died through apoptosis and were phagocytized during the transformation from incompatible fusion to nonfusion. Sensitivity of nematocyst discharge response and that of extracoelenteric digestion response were compared using various coral species. In some combination pf coral species, corals did not discharge nematocysts against target corals, while they display aggressive behavior using mesenterial filaments. This suggests the possibility that coral use different markers to distinguish allogeneic from xenogeneic corals.
未公開:P.47以降(別刷論文のため)
Type Local :研究報告書
Publisher :日高道雄
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/11487
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Science)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
07836011-1.pdf表紙, 研究概要1040KbAdobe PDFView/Open
07836011-2.pdf第1部5262KbAdobe PDFView/Open
07836011-3.pdf第2部7631KbAdobe PDFView/Open
07836011-4.pdf第3部5980KbAdobe PDFView/Open