HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Science >
Research Report (Faculty of Science) >

 
Title :サンゴ礁の共生系に関する共同研究
Title alternative :Joint study on symbiotic systems on coral reefs
Authors :日高, 道雄
土屋, 誠
広瀬, 裕一
酒井, 一彦
中島, 裕美子
Authors alternative :Hidaka, Michio
Tsuchiya, Makoto
Hirose, Yuichi
Sakai, Kazuhiko
Nakajima, Yumiko
Issue Date :Mar-2002
Abstract :平成11~13年度科学研究費補助金(基盤研究B)研究成果報告書
研究概要:本研究では、サンゴ礁域の無脊椎動物と単細胞藻類の共生系の樹立機構や多様性、共生に適応した形態的特徴に関する研究を中心課題とし、さらにサンゴとサンゴガニ類の共生、サンゴの繁殖戦略の研究を行った。褐虫藻を親から受け継ぐサンゴを用いて、卵母細胞が親ポリプより褐虫藻を受け継ぐ時期、機構を明らかにした。また褐虫藻が発生の過程で胃層細胞に限定される時期と機構に着目して、発生過程を記載した。サンゴに共生する褐虫藻の系統を、褐虫藻の獲得様式(垂直伝播と水平伝播)に着目して解析した。垂直感染により親から褐虫藻を獲得するサンゴにおいても、褐虫藻が地域特異性を示す場合もあり、新たに褐虫藻を外界から獲得する可能性が示唆された。プロクロロンをもつ群体ホヤの幼生は、共生藻を受け継ぐために特別な器官を持つことから、共生藻に対する高い依存性が示された。一方、共生藻は宿主組織の外側に分布し、共生藻が宿主に与える利益が養分では無い可能性が示唆された。沖縄産のサンゴ数種から、琉球列島の陸生昆虫から単離した配列とほぼ同じ配列の活性型転移因子マリナーがみつかった。一方ハワイと沖縄のサンゴでは、同じマリナーに見つからなかった。限定された地域における陸生と水生生物種間での転移因子の伝搬が示唆された。ココナツ島周辺のハナヤサイサンゴ群体にはサンゴガニ類が生息していなかったが、室内実験ではサンゴガニ類はこの水域のハナヤサイサンゴを拒否しなかった。この水域への幼生供給がないという可能性や他の生物との種間関係により排除されている可能性が示唆される。ハワイで雌雄同体のイボコモンサンゴを材料に、同一クローンの群体密度がサンゴの性配分に及ぼす影響を解析した。群体サイズと性配分の関係を、個体が同一クローンであると仮定することで説明できる結果を得た。
研究概要 : The objective of this project was to study the mechanism of establishment of algal-invertebrate symbioses and diversity of the symbiotic systems on coral reefs. In addition we studied reproductive strategy of corals. The timing and mechanism of transmission of zooxanthellae from maternal tissue to oocytes m corals writ vertically transmitted symbionts were studied. We also described how zooxanthellae became restricted to gastrodermal cells during development of these corals. We analyzed phylogeny of zooxanthellae associated with corals with different modes of symbiont acquisition. The result suggests that even corals with vertically transmitted symbionts can acquire zooxanthellae from outside. We analyzed phylogeny of zooxanthellae associated with corals with different modes of symbiont acquisition. The result suggests that even corals with vertically transmitted symbionts can acquire zooxanthellae from outside. In colonial ascidians that have symbiotic prochloron, larvae had a special organ for acquisition of algae from their parent. Thus prochloron might play important function in ascidian physiology. However, prochloron resides on outer surface of the ascidians, sugesting that their role in nutrition might be small Colonies of Pocillopora damicornis in Kaneohe Bay did not harbor Trapzia crabs, though tey accepted experimentally provided Trapezia crabs. This suggests the possibility that there is no recruitment of the crabs in this area due to rurrent conitions or that other organisms interfere the association between the coral and Trapezia crabs. How clonal density of a Hawaiian coral, Montipora verrucosa affects its energy allocation to sexual reproduction was studied experimentally and theoretically.
未公開:P.6以降(別刷論文のため)
Type Local :研究報告書
Publisher :日高道雄
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/11489
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Science)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
11694223.pdf3119KbAdobe PDFView/Open