HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Medicine >
Research Report (Faculty of Medicine) >

 
Title :慢性委縮性胃炎に及ぼすヘリコバクタ・ピロリ菌の病原性の民族疫学的検討
Title alternative :Epidemiological Study on the Effect of Helicobacter Pylori Infection on Chronic Atrophic Gastritis in Different Ethnic Groups
Authors :青木, 一雄
三角, 順一
海老根, 直之
Authors alternative :Aoki, Kazuo
Misumi, Junichi
Ebine, Naoyuki
Issue Date :3-Jun-2009
Abstract :2006年度~2008年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書
研究概要:ドミニカ共和国(ド国)、タンザニア、中国で上部消化管疾患に関する健康調査を実施し、ヘリコバクター・ピロリ(H. pylori)感染および慢性萎縮性胃炎(CAG)に関与すると考えられる因子の疫学的検討を行った。すなわち、性・年齢、人種・民族、食習慣・食生活を含めた生活習慣、生活環境、並びに上部消化管疾患関連症状や既往歴、などがH. pylori感染およびCAGの罹患、並びにH. pylori菌の病原性に関与するCagA抗体保有の有無に及ぼす影響について検討した。
Type Local :研究報告書
Publisher :青木一雄
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/11588
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Medicine)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
18406022seika.pdf684KbAdobe PDFView/Open