HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Engineering >
Research Report (Faculty of Engineering) >

 
Title :熱蛍光法に基づく年代測定システムの研究開発
Title alternative :Development of Age-Estimation System Using Thermoluminescence
Authors :玉城, 史朗
棚原, 朗
Authors alternative :Tamaki, Shiro
Tanahara, Akira
Issue Date :Mar-1998
Abstract :平成7年度~平成9年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書
研究概要:本研究では、TL年代測定の研究推進に貢献することを目的として、温度制御系の設計からTL測定に至るまでのTL年代測定用計測制御システムの研究開発を行った。その成果を以下に述べる。 1)TL発光強度から年代を測定する場合には、規範的デ-タと我々の計測した実験結果を比較することにより種々のノウハウを構築することが可能となった。 2)発光デ-タに対し、時空間周波数解析法として有力な解析手法であるウェ-ブレット解析を適用することで、新たな知見が生まれた。次に、試料を一定速度で加熱する定速昇温制御系の設計問題では次の手法を用いた。 1) 近年、その理論が確立したロバスト制御法の範疇であるH無限大制御やモデル予測制御理論を積極的に導入し、改良を加えることにより、従来の制御法では実現できないような高精度(絶対値誤差±0.1%以内)の制御性能を発揮することが可能となった。 2) われわれが提案した最適ディジタル制御系の適用も試みた。この手法は、システムのステップ応答の情報から制御系を設計するという特徴を有するため、システム同定から制御系設計までを一貫して行えるという利点がある。この制御系をTL年代測定用計測制御システムに導入することで、温度制御系からTL発光強度測定までを統合的に実行するシステムを構築することが可能となった。さらに、本研究で提案したディジタル式最適制御系は振動制御問題へ応用可能であることも明らかになった。
Thermoluminescence (TL) is a calorescence phenomenon observed while heating minerals. TL from the natural mineral is particularly useful as a method of age determination in the archaeological and geological fields. Since the TL quantity depends on the heating rate of the specimens, constant raising of the temperature for the control system is necessary. In actual measurement it is important to obtain a stable measurement value in temperature range 150-400゚C.However, even the commercial apparatus for TL measurement usually fails this requirement. This paper progress a new TL age-estimating method. To establish for this, three temperature control methods are designed and a measurement system for TL intensity is developed. Firstly, the H infinity control scheme is introduced to archive the improvement of tracking characteristics of low-frequency domain and robust stability in the high-frequency domain. Secondly, model predictive control scheme has proposed. This method avoid the linearization of a non-linear system and provides and provides robustness against non-linear input. Finally, the optimal digital feedback control algorithm based on impulse response of the system is applied to this control system. These control schemes show that the system can precisely control the constant raising temperature within permissive error of 1 degree for the temperature range 100-400゚C. The age is estimated by calculating the proportion of the annual cumulative dose at sampling area to the sum of natural cumulative dose that obtained TL by integrated intensity measured at a constant rising temperature. The measured age estimation data is reasonable comparing with currently in use.
未公開:p.3-62(抜刷論文のため)
Type Local :研究報告書
Publisher :玉城史朗
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/11608
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Engineering)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
07650290.pdf表紙、はしがき、研究概要、第1章、第4章2080KbAdobe PDFView/Open