HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Engineering >
Research Report (Faculty of Engineering) >

 
Title :ねじり押出し加工した材料の機能と強度特性
Title alternative :Strength and performance of materials deformed by torsion and extrusion processing
Authors :真壁, 朝敏
近藤, 了嗣
Authors alternative :Makabe, Chobin
Kondou, Ryouji
Issue Date :5-Jun-2009
Abstract :2006年度~2008年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書
研究概要:塑性加工によって、軽金属等の結晶粒を微細化し強度特性を改善する手法について検討した。本研究手法は、材料をねじり押出すことに大きな特徴があり、特にねじり変形によって加工ひずみに差が生じることに起因して、内部と表面層で異なる性質の素材が形成される。ねじり押出し加工した場合、表面層と内部で硬さの異なる材料が作製され、特にアルミニウムにおいては、静的強度特性および疲労強度特性が共に改善されることがわかった。
Type Local :研究報告書
Publisher :真壁朝敏
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/11668
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Engineering)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
18560083seika.pdf351KbAdobe PDFView/Open