HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Medicine >
Research Report (Faculty of Medicine) >

 
Title :オホーツク文化人骨の再発見と総合的研究
Title alternative :Anthropological research of human skeletal remains of Okhotsk Culture from Hokkaido and Sakhalin Islands
Authors :石田, 肇
百々, 幸雄
天野, 哲也
埴原, 恒彦
松村, 博文
増田, 隆一
米田, 穣
Authors alternative :Ishida, Hajime
Dodo, Yukio
Amano, Tetsuya
Hanihara, Tsunehiko
Matsumura, Hirofumi
Masuda, Ryuichi
Yoneda, Minoru
Issue Date :18-May-2009
Abstract :2006年度~2008年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書
研究概要:オホーツク文化人骨の形態解析とDNA分析の結果、北東アジア、とくにアムール川流域を起源としていること、mtDNAのハプログループYは、アムール川下流域集団の祖先からオホーツク文化人を経由してアイヌへともたらされたことが示唆された。また、食生活では栄養段階の高い大型魚類や海生ほ乳類を主要なタンパク質として多く利用していたことが示された。変形性関節症の頻度分布からも、生業との関連性が示唆された。アイヌ民族のイオマンテ型儀礼は続縄文文化・オホーツク文化にまでさかのぼる可能性が大きいことを示した。
Type Local :研究報告書
Publisher :石田肇
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/11727
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Medicine)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
18370099seika.pdf439KbAdobe PDFView/Open