HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Science >
Research Report (Faculty of Science) >

 
Title :亜熱帯マングローブ林性昆虫の体内時計を使った潮汐サイクルへの適応
Title alternative :Mechanism and adaptive significance of the circatidal clock in mangrove forest insects
Authors :佐藤, 綾
Authors alternative :Satoh, Aya
Issue Date :7-Apr-2009
Abstract :2007年度~2008年度科学研究費補助金(若手研究(B))研究成果報告書
研究概要:多くの生物が約24 時間周期の体内時計(概日時計)を持つが、干満の周期(約12.4 時間)に合わせた概潮汐時計の研究は少ない。本研究により、干潮時にマングローブ林の林床で活動するマングローブスズ(バッタ目)が、約12.6 時間周期の概潮汐時計を持つことが明らかとなった。また、多くの生物が光によって概日時計を調整するように、マングローブスズは上げ潮への接触によって概潮汐時計を調節し、野外の干満に活動を合わせていることが明らかとなった。
Type Local :研究報告書
Publisher :佐藤綾
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/11749
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Science)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
19770018seika.pdf420KbAdobe PDFView/Open