HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Medicine >
Research Report (Faculty of Medicine) >

 
Title :HTLV-I感染によるM期チェックポイント異常とATL治療への応用
Title alternative :Dysregulation of mitotic checkpoint by infection with HTLV-I
Authors :富田, 真理子
Authors alternative :Tomita, Mariko
Issue Date :28-May-2009
Abstract :2007年度~2008年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書
研究概要:ヒトT細胞白血病ウイルスⅠ型(HTLV-I)感染細胞における細胞分裂期(M期)チェックポイント異常の分子機構を解明し,成人T細胞白血病(ATL)治療の標的となるかを明らかにすることを目的とし本研究を行った.我々は,HTLV-I感染T細胞株やATL細胞において,M期チェックポイント遺伝子の一つであるCHFRの発現が異常メチル化により抑制され,これにより細胞の異常増殖がもたらされることを明らかにした.この分子機構をCHFRのユビキチン化標的蛋白質であるAurora Aに焦点を当てて解析した結果,CHFR発現抑制によりHTLV-I感染T細胞ではAurora Aが高発現していること,さらに,siRNAによるAurora AのノックダウンもしくはAuroraキナーゼ阻害剤処理により,HTLV-I感染T細胞の増殖・生存を阻害した.以上の結果より,CHFRおよびAurora AはATL治療の標的となりうることが明らかとなった.
Type Local :研究報告書
Publisher :富田真理子
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/11752
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Medicine)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
19591122seika.pdf472KbAdobe PDFView/Open