HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Medicine >
Research Report (Faculty of Medicine) >

 
Title :成人肥満における温熱療法の脂質代謝、酸化ストレスマーカーに与える影響
Title alternative :The Effect of Hyperthermia on Serum Lipid and Oxidative Marker
Authors :鄭, 奎城
Authors alternative :Tei, Keijyou
Issue Date :3-Jun-2009
Abstract :2007年度~2008年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書
研究概要:本研究は(1)温熱療法が生活習慣病と深く関わる肥満を有する中高年者の脂質代謝へ影響について、(2)酸化ストレスに及ぼす影響について解明することを目的とした。沖縄県に住む健康な45歳以上男女対象者に遠赤外線温熱器具を用いて、41℃の温熱環境にて45 分間曝露し、 週2回、連続4週間曝露する。実験開始前、開始2週後、実験終了時採血及び24 時間蓄尿する。血清脂質及び酸化ストレスマーカーを測定した。温熱療法4週後、血清脂質が有意に減少した。温熱療法2週及び4週後酸化ストレスマーカーは有意に低下した。これらの結果から温熱療法が成人肥満の脂質代謝及び酸化ストレスマーカーに及ぼす効果が示された。
Type Local :研究報告書
Publisher :鄭奎城
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/11774
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Medicine)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
19500601seika.pdf129KbAdobe PDFView/Open