HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Research Report (Faculty of Education) >

 
Title :高校における学校体験と20代初めの時点での進路分化 -沖縄県における調査研究-
Title alternative :School Experience in High School and Career Differentiation at the Beginning of the 20th : A Research in Okinawa Prefecture
Authors :長谷川, 裕
Authors alternative :Hasegawa, Yutaka
Issue Date :Mar-2003
Abstract :平成13年度~平成14年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書
研究概要:本研究は、1994年度に沖縄県内の高校に入学した若者たち約1800名(かつて私は、彼ら/彼女らが高校生だった頃、学校体験、進路意識等について質問紙調査を行っている)を対象にした調査を通じて、沖縄の若者たちの進路分化やその際の意識のあり方等を掴むことを目的としたものである。作業は、(1)統計的調査、(2)インタビュー調査、(3)理論的研究の3つの分野にわたって進められた。 (1)については、2001年度末に質問紙を配布し、2002年度前半に質問紙回収から第1次分析までの作業を行った。(2)については、(1)の回答者を学歴及び現在の職業を基準に類型化し、それを踏まえて対象者を選定し、インタビュー調査を実施した。(3)については、イギリスの社会学者A・ギデンズの著書の読解を通じて、「後期モダニティ」の時代において、今回の調査の対象者である若者たちの「自己アイデンティティ」がどのように構成されているか、この時代のグローバル化の進展という情況との関わりの中、「沖縄」というローカリティが彼ら/彼女らの自己アイデンティティの中でどのように意味づけられているのかという、私にとっては新しい分析の視点が得られた。『研究成果報告書』では、主として(1)の結果について、上の第1次分析を発展させた形で報告した。そこでは、回答者である若者たちが、「どのような自己イメージを抱いているか」、「職業生活についてどのような考えをもっているか」、「自分の人生にとってどのようなことを重要なこととして考えているか」、「今現在自分が置かれている状況をどのように見ているか」、「『沖縄』に対してどのような思いを抱いているか」、それら全体から推測される彼ら/彼女らの「自己アイデンティティ」の有り様、性の違いによるそれらの差異、分化した進路の違いによるそれらの差異などについて、得られた知見を提示した。
研究概要:This study is aimed, through the research on the youth, who entered high schools in Okinawa Prefecture in 1994, and on whose school experiences and career awareness I researched as a member of a survey project at the time when they were high school students, for grasping their career differentiation and their awareness accompanying it. The work of the study was composed of (1) statistical survey, (2) interview, and (3) theoretical studies. In (1), I distributed questionnaires in the 2001 fiscal year, and collected answered questionnaires and do the primary analysis on them in the first half of the 2002 fiscal year. In (2), I had interviews with the youth, selected from the respondents of the (1) survey, categorized on their academic background and their current occupations, which among many knowledges procured through the (1) survey. In (3), by reading works of Giddens, A., a Sociologist in UK, I acquired a new -for me- analytical point of view; how are 'self-identities' of the youth, objects of this research, constructed against the background of the age of 'late modernity'? What meanings does the locality of 'Okinawa' take in their self-identity in relation to the context of the advance of globalization in this age? In the report of this study, I wrote mainly on the result of (1), developing the primary analysis. I presented there the below knowledges obtained through the research; What self images do they have? What conceptions do they have with regards to their job life? How do they look on how they are currently situated? What do they think of 'Okinawa'? What are their 'self-identities' inferred from these knowledges? What differences do they assume by gender, and by the differentiated careers?
Type Local :研究報告書
Publisher :長谷川裕
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/11807
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Education)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
13610309-1.pdf表紙、はじめに、目次3103KbAdobe PDFView/Open
13610309-2.pdf1~39731KbAdobe PDFView/Open
13610309-3.pdf4~7、おわりに12885KbAdobe PDFView/Open
13610309-4.pdf資料9807KbAdobe PDFView/Open