HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Research Report (Faculty of Education) >

 
Title :後期モダン社会における若者の「自己の再帰的プロジェクト」 -沖縄に関する事例研究-
Title alternative :"the reflexive project of self" of the youth in late modern society : a case study in Okinawa
Authors :長谷川, 裕
Authors alternative :Hasegawa, Yutaka
Issue Date :Mar-2005
Abstract :平成15年度~平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書
研究概要:本研究は、イギリスの社会学者A・ギデンズの「自己の再帰的プロジェクト」という概念を活用しつつ、後期モダン社会を生きる若者たちの自己アイデンティティの構築・再編のプロセス(=自己の再帰的プロジェクトのプロセス)を、特に沖縄の若者たちを事例として取り上げ、また彼ら/彼女らにとって沖縄というローカリティがどのようにイメージされ意味づけられているのかにとりわけ焦点を当てつつ、掴むことを課題としたものであった。『研究成果報告書』は3章構成になっている。「I 本研究の課題意識と本報告書の構成」では、上述のような本研究の課題についての説明、本研究もその中に位置づくであろう若者についての社会学的研究の動向の概観、本報告書の構成の提示などを行った。「II A・ギデンズのモダニティ論と自己アイデンティティ論」では、そのタイトル通り、モダニティとその下における諸個人の自己アイデンティティのあり方に関するギデンズの所論を、「『モダニティ』とは何か」、「モダニティの制度的諸次元」、「モダニティにおける諸個人」、「ライフ・ポリティクス」、「考察」という5つの節を立てて、概観し検討した。「III 沖縄の若者たちの『自己の再帰的プロジェクト』と『沖縄』:インタビュー調査より」では、本研究の諸作業の一環として行った、沖縄の若者(沖縄に生まれ育った、あるいは一定期間沖縄に住んだことのある若者)対象のインタビュー調査から得られたデータの分析を通じて、沖縄の若者たちの自己アイデンティティの構築・再編過程や「沖縄」の意味づけ方の実証的把握を試みた。
研究概要:The task of this study was to grasp the process of construction/reconstruction of self identity of the youths who lived in late modern society, utilizing the concept of "the reflexive project of self" of British sociologist A Giddens, taking up youths of Okinawa as an example, and focusing on how the locality of Okinawa was imaged and what significance it was given by them. The report of this study consists of 3 chapters. In chapter I "The task of this study and constitution of this report", I explained the task of this study such as above, surveyed the trend of studies of sociology of youth, in which this study is probably included, presenting the constitution of this report, and so on. In chapter II "A Giddens's theory on modernity and self-identity", I surveyed and examined, according to the title, Giddens's opinion on modernity and self-identity of individuals beneath it, in 5 sections, "what is modernity", "institutional dimensions of modernity", "individuals in modernity", "life politics", and "consideration". In chapter III "The ‘reflexive project of self and ‘Okinawa' for youths of Okinawa : through interviews", I tried to grasp positively the process of construction/reconstruction of self identity of the youths of Okinawa, who were born and brought up in Okinawa, or lived there for a considerable period, through analysis of the data from interviews toward them, which were brought about as some of several works of this study.
Type Local :研究報告書
Publisher :長谷川裕
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/11808
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Education)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
15530547-1.pdf表紙、目次523KbAdobe PDFView/Open
15530547-2.pdf1. 本研究の課題意識と本報告書の構成2539KbAdobe PDFView/Open
15530547-3.pdf2. A・ギデンスのモダニティ論と自己アイデンティティ論11727KbAdobe PDFView/Open
15530547-4.pdf3. 沖縄の若者たちの「自己の再帰的プロジェクト」と「沖縄」:インタビュー調査より9572KbAdobe PDFView/Open