HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Science >
Research Report (Faculty of Science) >

 
Title :ハナヤサイサンゴ共棲生物群集の構造と成立過程の解析
Title alternative :Community organization of associates of the scleractinian coral Pocillopora damicornis
Authors :土屋, 誠
Authors alternative :Tsuchiya, Makoto
Issue Date :Mar-1992
Abstract :平成元年度~平成3年度科学研究費補助金(一般研究(C))研究成果報告書
研究概要:ハナヤサイサンゴの枝間に棲息している甲殻類を中心とした小動物群集の成立過程を、サンゴサイズの種組成に及ぼす影響と小動物間の種間関係を中心に調べた。種数、個体数、種の多様性はサンゴサイズの増加と共に増加し、体積当たりの種数、個体数は逆に減少した。これは大型群体には大型の甲殻類が棲息しており、1個体当たりの資源要求量がより大きいためであろうと予測した。種組成は種内・種間関係によって決定されるようで、激しい排他行動が頻繁に観察されたが、一方では全く逆に侵入者を容易に受け入れる場合も多く、関係は複雑であった。一般的にはサンゴガニの抱卵雌は他個体を排斥する傾向が強かったが、他の種間では、サイズが重要(大型個体が強い)と考えられた。従って、種組成の決定には大型個体が何らかの原因でその群体から消滅した場合、次にどの種が定着、成長に成功するかという点が重要であり、生活史のパタ-ン解明の必要に迫られた。サンゴガニ類は年間を通じて定着している種と定着が一時期に限定されている種に大別できる。種間競争が起こり易い時期と種内競争が起こり易い時期があるようである。また小型個体は群体基部の狭い隙間に棲息しているので成長に伴った他個体との関わりも重要である。ハナヤサイサンゴに棲息しているサンゴガニ類は他科に属するサンゴからは見いだせない。ホストサンゴの選択実験を行った結果、ミドリイシ類(これには近縁のサンゴガニ類が棲息している)を選択する事は殆どないが、ハナヤサイサンゴの群体間は移動する事がある。結論として共生生物群集の成立過程において、群体内の環境構造、特に環境の異質性や空間サイズ、及び種内・種間関係が重要である事が指摘できたが、その成立過程の予測は困難なもののようである。
研究概要:Colony size and the inter and intraspecific interactions of the obligate symbionts of Pocillopora damicornis, i. e. xanthid crabs(Trapezia app.), a snapping shrimp(Alpheus lottini)and gobies(Paragobiodon app.), are examined in terms of their effects on the community structure of the coral associates. Species richness and diversity(H')and the number of associated animals increased with colony size, while eveness(J')was constant and high. In colonies with less than 1.5 cm3 interbranch space volume, no obligate symbionts were found. Obligate symbiont species and numbers increased with colony size : 1.5-12 cm3 --one individual of Trapezia or Cymo ; 15-23 cm3 --2 species, one individual each ; 24-71 cm3 --2 species including one heterosexual pair pf Trapezia or Paragobiodon ; 74-264 cm3 -- 2 or 3 species including 2 6r 3 heterosexual pairs ; . 331 cm3 --more than 4 species forming complex communities(maximum of 10 species in a colony of 1, 980 cm3). Females of Trapezia cymodoce expelled all introduced smaller individuals of Trapezia spp., but were frequently expelled by larger introduced crabs. Alpheus lottini sometimes expelled introduced Trapezia, but Trapezia rarely showed aggressive behavior toward A. lottini. A. lottini is most aggressive against conspecific intruder of the same sex, resulting in the occurrence of one heterosexual pair per colony. Carrying capacity of the habitat which is related to colony size, and species interactions between the residents and intruders are important factors in the organizing process of the associated animals community.
未公開:P.6以降(抜刷論文のため)
Type Local :研究報告書
Publisher :土屋誠
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/11928
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Science)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
01540551.pdf表紙、はしがき、研究発表、研究成果1643KbAdobe PDFView/Open