HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Engineering >
Research Report (Faculty of Engineering) >

 
Title :景域環境ユニットを用いた地域環境表現と都市開発事業に関する研究
Title alternative :Study on Evaluation of Environmental Character and Urban Development Using Land scape Units
Authors :池田, 孝之
三村, 浩史
水原, 渉
阿部, 成治
中山, 徹
清水, 肇
神吉, 紀世子
海道, 清信
Authors alternative :Ikeda, Takayuki
Mimura, Hiroshi
Mizuhara, Wataru
Abe, Joji
Nakayama, Toru
Shimizu, Hajime
Kanki, Kiyoko
Kaidou, Kiyonobu
Issue Date :Mar-1998
Abstract :平成7年度~平成9年度科学研究費補助金(基盤研究A(1))研究成果報告書
研究概要:地域の環境特性の評価の方法、保全または改善に導く計画とその実現手法について、土地利用計画や事業計画、既存のまちづくり活動に適用出来る実用的な方法を開発することを目的として、本研究を行った。まず第1部において、生態学的環境の保全と国土・都市計画とを連携させる方式の実績があるドイツを中心としたヨーロッパの都市計画制度ならびに都市開発事業と生態学的環境の保全のとりくみの特徴を明らかにした。これには、従来からの都市/地域計画制度と、近年導入されてきた自然保護・生態学的環境保護のための法制度との連携のあり方、環境保護への効果実績、あるいは、その計画の立案・実行における地方自治体行政の役割について、主に現地で得た一次資料を用いて分析した。次に第2部において、日本の事例を対象として、ドイツの計画的手法を応用した都市市街地の環境を把握する方法である、「景域環境体ユニット」を用いた環境の記述と保全方策のあり方を検討考察した。これには、ドイツの生態学的環境の保全計画の専門家との共同研究を通じて、市街地における生態学的環境保護の考え方と、これを応用した日本の市街地における計画の手法を開発した。さらに第3部において、実際のまちづくり活動調査によって、生態学的環境保護の社会的実施基盤としての地域住民の活動によるとりくみの可能性を検討した。とくに、環境保護のための市民参加型の取り組みが活発になされてきた沖縄県における事例を通じて、環境と地域社会の関係について展望を分析した。さらに、あらゆる地域住民の取り組みの指針となり、同時に環境保護の計画の立案指針ともなりうる道具としてのエコタウン・ランゲージの作成と、今後の活用の展望について分析した。
研究概要:This research aimed at developing the new methods to evaluate the environmental characters of certain urban area, and practical theory for the plannings for the conservation of those environmental characters by utilizing such new methods, specially focusing on the adaptability to the current urban and regional planning systems, or on-going citizen's activities. Part 1 shows the European (mainly Getman) cases of urban and regional planning which has been fried to cooperate with naturaland ecological conservation planning for more than 20 years. Part2 shows our studies on the adaptation of German ways of planning to the Japanese urban development cases. We made up a new methods for the evaluation of urban-type environmental character using "Landscape Units " Landscape Units are set up according to mainly the ecological situation of ground surface. Finally Part 3 discusses about the necessity of citizen's activities to keep the environment as the social background for ecological conservation, while part1 and part2 deals with the planning systems. We shows the analysis of the current ability of citizen's activities through the cases in Okinawa, Japan. In order to increase the citizen's activities, we developed the new tools called "Eco-Town Language", which can be utilized by citizens as guidelines for plans and activities.
Type Local :研究報告書
Publisher :池田孝之
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/11971
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Engineering)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
07305029-1.pdf表紙、はじめに、目次1273KbAdobe PDFView/Open
07305029-2.pdf第1章11211KbAdobe PDFView/Open
07305029-3.pdf第2章4275KbAdobe PDFView/Open
07305029-4.pdf第3章9290KbAdobe PDFView/Open
07305029-5.pdf第4章16490KbAdobe PDFView/Open
07305029-6.pdf第5章14552KbAdobe PDFView/Open
07305029-7.pdf第6章 その111512KbAdobe PDFView/Open
07305029-8.pdf第6章 その213803KbAdobe PDFView/Open
07305029-9.pdf第7章4074KbAdobe PDFView/Open