HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Research Report (Faculty of Law and Letters) >

 
Title :一般廃棄物処理サービスの広域化・大規模化に関する数量分析
Title alternative :A Quantitative Analysis on Effectiveness of Large-scale Waste Disposal Service Covering Wide Areas
Authors :獺口, 浩一
Authors alternative :Osoguchi, Koichi
Issue Date :3-Jun-2009
Abstract :2007年度~2008年度科学研究費補助金(若手研究(B))研究成果報告書
研究概要:地域特性の地域間での相違と一般廃棄物処理サービスの広域化・大規模化の効果に関して、計量分析とケース・スタディの両面から数量的検証を行っている。その結果、全国的に離島の存在といった地域特性がサービス生産の非効率性につながるものの、八重山・宮古地域の事例では、海上輸送で複数自治体が共同処理する広域化・大規模化の有効性を明らかにした。地理的に不利でも地域特性を捉えた政策手法を生産主体の立場で地方団体が展開する必要がある。
Type Local :研究報告書
Publisher :獺口浩一
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/12028
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Law and Letters)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
19710045seika.pdf300KbAdobe PDFView/Open