HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Research Report (Faculty of Law and Letters) >

 
Title :奄美諸島における聖地および葬地の人類学的共同研究
Authors :津波, 高志
池田, 榮史
町田, 宗博
後藤, 雅彦
石田, 肇
土肥, 直美
稲村, 務
Authors alternative :Tsuha, Takashi
Ikeda, Yoshifumi
Machida, Munehiro
Ishida, Hajime
Doi, Naomi
Inamura, Tsutomu
Issue Date :Mar-2008
Abstract :平成17年度~平成19年度科学研究費補助金(基盤研究(A))研究成果報告書
研究概要:(平成18年度時点)研究第二年目にあたる本年度は調査対象地を奄美諸島のうち、徳之島と奄美大島に設定した。4月はまず琉球弧において洗骨儀礼が現在観察可能な与論に行き、洗骨儀礼の観察を行った。次に、概念構築のための比較例として沖縄側の墓制の変遷が明確に辿れる久米島を調査した。その後、徳之島・奄美大島に赴き、現地研究者との情報交換や聖地・葬地の踏査を行いながら、前年度に引き続き徳之島伊仙町面縄地区を中心に聖地・葬地の基礎的な調査を実施した。面縄地区は先史時代から近現代の葬地まで確認することができ、本研究の研究課題である聖地と葬地の関りを時間軸の中で捉えることができる地域として重要である。これらを踏まえて平成19年2月に伊仙町面縄地区において8日間の考古学的調査を実施した。考古班(後藤)は面縄の按司墓と伝承される積石遺構の実測と周辺地形の測猛調査を実施し、実測図を完成させた。また、徳之島でアムトと呼ばれている祭祀場において、所有者の了解を得た上でレーダー探査などの初歩的な調査を行った。文化人類学班(津波・稲村)は葬地を中心としたデジタル・データベースの構築と聖地・葬地に関するインタヴュー調査を行った。また、奄美大島では以前から継続調査をしている大和村において葬墓制に関する親族、儀礼、伝承の調査を行い、関連する文献資料の収集も行った。これらの資料はデジタル化された形で整理されている。形質人類学班(石田)は徳之島伊仙町における既知の出土人骨に関する情報を収集・検討を行い、町田は聖地、葬地および現在の集落、墓地などの関連性について航空写真や現地情報をもとに地理情報学的にGISを駆使して分析をすすめた。また、各分野での調査成果の共有と仮説や問題点の検討のために現地での打ち合わせを行い、今後の研究のフレームワークの構築を図った。
Type Local :研究報告書
Publisher :津波高志
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/12249
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Law and Letters)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
17202025-1.pdf表紙, 目次, はじめに, 研究の目的, 研究組織・研究経費, 調査・研究の概要, 調査・研究成果の報告・発表3716KbAdobe PDFView/Open
17202025-2.pdf1.与論島における洗骨改葬10701KbAdobe PDFView/Open
17202025-3.pdf2.奄美諸島近代墓地データベースの構築 -祖先の社会的忘却の問題を中心に-6293KbAdobe PDFView/Open
17202025-4.pdf3.徳之島伊仙町面縄地区の考古学的調査8173KbAdobe PDFView/Open
17202025-5.pdf4.琉球列島における形質人類学的研究成果報告2146KbAdobe PDFView/Open
17202025-6.pdf5.研究報告(形質人類学)1708KbAdobe PDFView/Open
17202025-7.pdf追加資料2931KbAdobe PDFView/Open