HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Research Report (Faculty of Law and Letters) >

 
Title :沖縄県における入院患者の死とユタのヌジファについての研究
Title alternative :On Nujihwa of Juta and a Death of Patient in Okinawa
Authors :浜崎, 盛康
Authors alternative :Hamasaki, Moriyasu
Issue Date :Mar-2007
Abstract :平成16年度~18年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書
研究概要:ユタ(カミンチュ)等に見られる沖縄の民間信仰においては、病院で患者が亡くなると身体を離れた霊魂(マブイ)が亡くなった病室を離れられずにいることがあるとされ、そのマブイをグソー(後生、あの世)に導く儀礼をヌジファという。インタビューを行ったあるユタは、病院におけるヌジファのやり方として、亡くなった病室でユチン(四隅)から線香やサンでユリー(霊魂)をとり、遺体の胸のあたり、懐に入れてあげてそのまま病室から運び出し、火葬に付し墓に納める(導く)と述べている。そのようなヌジファは亡くなった人(マブイ)のために行うものであるが、しかし同時に実は遺族の悲しみ(悲嘆)に対する慰め(グリーフケア)の意味があると言える。というのは、遺族は死者のマブイが迷うことなくグソーに行き、落ち着いたということを知れば、安堵するからである。、遺族に対するグリーフケアの重要性は、ホスピス・緩和ケアにおいて強調されるところである。ヌジファは死後のあり方が関わるという意味では、さらに遺族にとってはスピリチュアルケアという面もあることになる。ところで、グリーフケアやスピリチュアルケアにおいては、一般的で基本的な方法を踏まえることはもちろん重要であるが、同時に地域の文化的特性、精神的風土を考慮する必要がある。したがって、沖縄においても要望する遺族には、病院においてもヌジファが認められるべきであろう。ただ、例えば次の患者が入院しているベッドのそばで、前の患者(マブイ)に対するヌジファを行う等、やり方によってはヌジファは他の患者や病院に迷惑をかけることにもなる。したがって、病院におけるヌジファは、要望する遺族には基本的に認めてあげるべきであると言えるが、しかしそれは他の患者や病院に迷惑とならない範囲で行うべきであることになるだろう。
研究概要 : In the Okinawan indigenous religion, such as seen in Yuta(Okinawan shaman), they say that mabui(spirit) of the dead is sometimes left in the sickroom, when people died in a hospital. Nujihwa is a rite to lead the restless spirit to the Guso(the hereafter). A Yuta I interviewed told that she conducted Nujihwa with using flat incenses and San(Japanese pampers grass), pulling the mabui of the dead from four corners, and put them on the chest of the body. And they bear it out to cremate, and finally to a grave. They conduct Nujihwa for a peace of the dead, but it also is, to the bereaved, a grief care and spiritual care, because the bereaved find solace in it. A grief care and a spiritual care are very important in hospice-palliative care. Nujihwa, therefore, should be allowed to do to those bereaved who want to do it. But it sometimes makes nuisances to other patients and the hospital, when conducted in troublesome way. It, therefore, is desirable to conduct Nujihwa so long as it does not trouble others.
Type Local :研究報告書
Publisher :浜崎盛康
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/12250
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Law and Letters)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
16520024-1.pdf表紙, 目次, はじめに, 研究概要1137KbAdobe PDFView/Open
16520024-2.pdfA 病院、ホスピスにおける患者の死とヌジファ7674KbAdobe PDFView/Open
16520024-3.pdfB ユタとヌジファ12764KbAdobe PDFView/Open
16520024-4.pdfC ヌジファとグリーフ・ケア, まとめ5211KbAdobe PDFView/Open