HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Research Report (Faculty of Education) >

 
Title :スペシャル・ニーズのある児童・生徒の数学学習支援データベースの作成
Title alternative :A Database of Remedial Education for Children with Special Needs in Learning Basic Mathematics
Authors :小田切, 忠人
Authors alternative :Kotagiri, Tadato
Issue Date :Mar-2005
Abstract :平成13年度~平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書
研究概要:本研究のそもそもの関心は、基礎的な算数・数学の学習の達成がすべての子どもに対してどのような教授学習の過程で担保されうるのか、さらには、人はどのような知的な活動の過程で数学的な創造を実現しうるのかという点にある。その研究方法として、数と計算の学習に学習困難を抱える児童・生徒に治療的な教育を実施し、その活動を観察することにした。その結果として、算数数学学習に学習困難を抱え、つまずいてしまっている児童・生徒が、彼かの困難を克服し、所期の学習を達成させていく過程の記録を蓄積することになった。これらの学習記録は、学習困難を抱える子どもの「生の」記録であり、それ自身、成功的な教育実践であるため、教育現場の教師に参照されることでスペシュルニーズのある子どもへの教育的介入を具体的に改善し得る提案となっている。言い換えれば、様々な形で現れる学習困難に惑わされることなく、成功的な治療的な教育の記録は、一人ひとりの学習達成を展望できるものとなっており、かつ、学習困難な過程に教師が介入していく仕方について多くの示唆を与えるものとなっている。そこで、本研究では、改めて、これらの記録をデータベース化することを目的とし、治療的な教育を継続した。これまで蓄積した、あるいは、なお治療的な教育を継続し蓄積しつっあるデータは、以下のとおりである。・包括性学習障害と判断された子どもの加法の素過程から減法・乗除算の計算までの学習記録・髄膜炎で中枢神経系に致命的なダメージを受けながらも奇跡的に回復しつつある子どもの学習記録・自閉的な、学習低達成の子どもの学習記録・微細な機能障害が中枢神経系にあるかもしれないと思われるスローラーナーの学習記録・繰り下がりのあるひき算でつまずいてしまったローアチーバーだった子どもの学習記録・水頭症による中枢神経系へのダメージがあり、ローアチーバーな子どもの学習記録・知的障害のある子どもの学習記録そのほか、・カナダのスローラーナー、あるいはローアチーバーであった子どもの学習記録。
研究概要:This study is a longitudinal research on children with special needs in learning basic mathematics. The initial purpose of the study was : How could children learn mathematics? How could human create mathematical ideas? In order to achieve this goal, remedial education for children with learning difficulties was adopted. During this process, successful teaching/learning records were accumulated For example, a fourth grader could not add one-digit numbers well. He could not add multi-digit numbers. He failed to memorize multiplication facts. He was thought as a global type ID child But, he overcame difficulties to obtain all arithmetic skills after five-years for remedial education and succeeded in understanding how to operate plus and minus symbols and variables to add or subtract algebraic formulas. As these records are directly useful for teachers to do educational intervention for children with special needs, they have been modified as a database for computer use. The database of the study contains the teaching/learning records on the following subjects : (1) A child with a global type LD in learning basic mathematics (2) A child with serious brain disorders after suffering meningitis (3) A child with brain damage or brain dysfunction after suffering hydrocephalus (4) A child with autistic disorder (5) A slow-learning child with possible minimal brain dysfunction (6) A low-achieving child in learning subtraction (7) A child with intellectual disorders The database also contains records of Canadian children who are deemed as slow-learners, low-achievers, children with brain dysfunctions, or those with development disorders. (cf.,http://plaza4ts.edu.u-ryukyu,ac.jp/)
未公開:P.10~P.129(別刷論文のため)
Type Local :研究報告書
Publisher :小田切忠人
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/12327
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Education)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
13680322.pdf表紙、研究概要、はじめに、1. 基礎数学学習スペシャル・ニーズ、2. 治療的教育、3. 収集資料のデータベース化、おわりに5827KbAdobe PDFView/Open