HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Human science. Bulletin of the Faculty of Law and Letters, University of the Ryukyus, Department of Human Sciences >
No.22 (2008/9) >

 
Title :スピリチュアリティと宗教、および生きる意味について
Title alternative :On Spirituality, Religion, and the Meaning of Life
Authors :浜崎, 盛康
Authors alternative :Hamasaki, Moriyasu
Issue Date :Sep-2008
Abstract :本稿は、緩和ケア(palliative care)(ターミナル・ケア(terminal care)、ホスピス・ケア(hospice care))におけるスピリチュアル・ペイン(spiritual pain)を主な手がかりとして、「スピリチュアル」および「スピリチュアリティ」について考察し、それらの主要な意味(の一つ)が「存在すること・生きること、存在する意味・生きる意味に関する」ものであるということを確認する。そして、次に、そのような生きる意味という視点から、スピリチュアル・スピリチュアリティと「宗教・宗教的」との関係を検討し、スピリチュアル・スピリチュアリティは宗教よりも広く、① 組織化された宗教におけるスピリチュアル・スピリチュアリティ、② 個人的なあり方として、ある種の超自然的なものとの関係におけるスピリチュアル・スピリチュアリティ、③ ①②と区別される個人的なあり方におけるスピリチュアル・スピリチュアリティ、という3つに分けて捉えることができるということを論じる。そうすることによって、スピリチュアル・スピリチュアリティをめぐる様々な議論を、その全てではないにせよ、大凡のところ統一的に捉えることが出来るように思われる。
Type Local :紀要論文
ISSN :1343-4896
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/12768
Citation :人間科学 = Human Science no.22 p.1 -21
Appears in Collections:No.22 (2008/9)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No22p001.pdf1668KbAdobe PDFView/Open