HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Research Report (Faculty of Law and Letters) >

 
Title :沖縄戦における日米の情報戦 -暗号・心理作戦の研究-
Title alternative :BATTLE OF INFORMATION BETWEEN JAPAN AND U.S. UNDER THE BATTLE OF OKINAWA -A CASE STUDY OF CODE AND PSYCHOLOGICAL WARFARE
Authors :保坂, 廣志
林, 博史
比嘉, 要
Authors alternative :Hosaka, Hiroshi
Hayashi, Hirofumi
Higa, Kaname
Issue Date :Mar-2006
Abstract :平成15年度~17年度科学研究費補助金(基盤研究(B))海外学術調査研究成果報告書
研究概要:平成17年度は前二年間の米国において収集された資料の分析及びそれに基づく報告書の執筆を行った。報告書の執筆に先立ち、8月に米国公文書館にて保坂、林が打合せを行い、9月16日および11月25日には沖縄県にて保坂、林、比嘉が打合せを行った。平成18年3月には、保坂廣志編『沖縄戦における日米の情報戦-暗号・心理作戦の研究-』(基盤研究B 海外学術調査)を研究実績報告書として刊行した(体裁はA4版、全236頁)。同報告書は二部構成となっており、第一部の論文編には、保坂廣志「沖縄戦での日米暗号戦」、林博史「沖縄戦における米軍心理作戦研究の課題」、比嘉要「沖縄戦における米軍の宣伝ビラの目的と効果」の三論文が収められ、続く第二部では資料編として、保坂廣志「米軍の沖縄暗号作戦報告書」「情報将校捕虜尋問調書」、林博史「米軍の心理戦に関するレポート」「沖縄戦における米軍による押収文書」、比嘉要「沖縄戦における米軍の宣伝ビラ」「米軍による対日宣伝ビラ」など、研究費補助金の助成によって収集された日本軍並びに米軍の沖縄戦関係資料が収録されている。ちなみに、「沖縄戦における日米の情報戦-暗号・心理戦争の研究-」を通じて以下のような知見がいえる。第一は、保坂が担当した暗号戦研究であるが、沖縄戦は近代暗号を駆使した総力戦であったことである。戦場では軍民混在し、疑心暗鬼の中スパイという言葉が戦場を支配したが、実際は米軍による日本軍暗号の傍受・解読がその原因にあったことが判明した。また、林は、米軍の沖縄心理戦にいたる過程を、上位組織の分析もふくめ、研究提言するとともに、問題提起している。さらに比嘉は、米軍の対沖縄プロパガンダの戦略・戦術に視点をあて、沖縄戦の展開や現物資料からそれをまとめきっている。3人の共同研究を通じ、沖縄戦研究の新たな分野の開拓がはかられたことと、その成果が確実に記されたと考えている。
研究概要:In March of 2006, we published a report, the title of which is "Battle of information between Japan and U.S. under the Battle of Okinawa-A Case Study of Code and Psychological warfare". The report runs to 236 pages and is A4 size. It is composed of two parts. The first one is a book of paper, and the other deals with materials for our theme-the Battle of Okinawa. In the former, Hiroshi Hosaka publishes "the Battle of Code between Japan and U.S. under the Battle of Okinawa". Hirofumi Hayashi treats "the Studies subjects about U.S. Psychological Warfare under the Battle of Okinawa" and Kaname Higa touches "the Aim and Effect of U.S. Propaganda leaflet under the Battle of Okinawa". With a subsidy for research expense, we compiled those materials which had been possessed by both of Japan and U.S. militaries. In the meantime, there are perceptions through this research as follows. First, the battle of Okinawa was total war making the best use of modern Code. Army and Civilians mingled in the battlefield at that time. Although the word, "Spy" overflowed as suspicion raises bogies, it developed that monitoring and breaking a Code of Japanese military was the exact cause as a matter of fact. It can be seen in the study on Code warfare covered by Hiroshi Hosaka. Secondly, Hirofumi Hayashi advances the course of U.S. Military's psychological warfare in Okinawa and analysis of upper organization. He also raises questions as to theme. Finally, Kaname Higa addresses the propaganda of strategy and tactics conducted by U.S. military against Japan. He achieves them with observing the movement of the battle of Okinawa and using actual articles. Through our collaboration, We could break new ground of research into the battle of Okinawa and reap a rich Fruit.
Type Local :研究報告書
Publisher :保坂廣志
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/12869
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Law and Letters)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
15402035-1.pdf表紙、はじめに、目次、論文編113867KbAdobe PDFView/Open
15402035-2.pdf論文編27394KbAdobe PDFView/Open
15402035-3.pdf論文編35923KbAdobe PDFView/Open
15402035-4.pdf資料編1-113033KbAdobe PDFView/Open
15402035-5.pdf資料編1-212684KbAdobe PDFView/Open
15402035-6.pdf資料編24237KbAdobe PDFView/Open
15402035-7.pdf資料編3、46899KbAdobe PDFView/Open
15402035-8.pdf資料編512815KbAdobe PDFView/Open
15402035-9.pdf資料編610577KbAdobe PDFView/Open