HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Research Report (Faculty of Law and Letters) >

 
Title :宗教的共同体の世俗的戦略-中世イングランド修道院研究-
Title alternative :Secular Strategies of Religious Communities : Studies of the monasteries in medieval England
Authors :宮城, 徹
山代, 宏道
Authors alternative :Miyagi, Toru
Yamashiro, Hiromichi
Issue Date :Mar-2007
Abstract :平成15年度~平成18年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書
研究概要:本研究は、修道院を利益集団である「企業体」として捉え直し、イングランド東部のイースト・アングリア地方を中心に、アングロ=ノルマン期の社会における宗教的共同体としての修道院の実態とその世俗的戦略の特徴を解明することを目指した。宮城は、11世紀初頭に創設されたベリー・セント・エドマンズ修道院を取り上げ、イースト・アングリア地方の多くの修道院が「ノルマン征服」を通じてその既得権益を侵害・剥奪される中、ベリー・セント・エドマンズ修道院が教会財産の損失を比較的最小限度に止めることが出来たことを明らかにした。そして、ベリー・セント・エドマンズ修道院長ボールドウィンが推進した国王ウィリアム1世との密接な協調関係の利用や教会財産の維持・管理政策における文書記録の積極的な活用といった世俗的な戦略が、「ノルマン征服」後の修道院の既得権益の保全に際して決定的に有利に働いたことを指摘した。山代は、ノリッジ司教ハーバート=ロシンガの港町リンやヤーマスでの修道院建設を分析し、ノリッジ司教座付属修道院の立地戦略的に重要な場所への子院の建設が、イースト・アングリア司教区の統治を目指す政治的合理性を持つ優れて戦略的な政策であったことを明らかにした。山代はまた、アウグスティヌス派律修聖職者達の活動を分析し、彼等による修道院の建設が、カンタベリー大司教やヨーク大司教のみならず、国王や王妃、さらには国王や王妃のチャプレン達といった、聖俗の有力者達をパトロンとして構築された人的ネットワークを戦略的に利用しながら行なわれた事業であったことを究明した。
研究概要(欧文):The research has aimed to clarify a real image of the monasteries as a religious enterprise and some characteristics of their secular strategies in East Anglia at the Anglo-Norman period. Miyagi clarified that the abbey of Bury St Edmunds could keep the damage on its possessions to a minimum, though many monasteries in East Anglia suffered considerable losses in their vested interests through the Norman Conquest. He also pointed out that some secular strategies driven by Baldwin abbot of Bury St Edmunds, such as the use of his personal connection to William the Conqueror and the introduction of the documents into the administration of the estates, enabled the abbey to strive for the maintenance of its possessions after the Norman Conquest. Yamashiro clarified that the foundations of the cells in the important places, such as Bishop's Lynn and Yarmouth, by Herbert Losinga bishop of Norwich were strategic policies to aim the government in the diocese of East Anglia. Yamashiro also made it clear that the monastic foundations by Augustinians were carried out strategically through the using of the personal network constructed between them and many magnates as a patron.
Type Local :研究報告書
Publisher :宮城徹
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/12987
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Law and Letters)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
15520454-1.pdf表紙,はしがき,目次,序2521KbAdobe PDFView/Open
15520454-2.pdf論文1,214068KbAdobe PDFView/Open
15520454-3.pdf論文3,410806KbAdobe PDFView/Open