HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Research Report (Faculty of Law and Letters) >

 
Title :自治基本条例の比較的・理論的・実践的総合研究 報告書No2:新しい自治体とこれからのまちづくり2 自治基本条例モデル素案 シンポジウム&ワークショップ成果報告
Authors :仲地, 博
江上, 能義
前津, 榮健
高良, 鉄美
佐藤, 学
島袋, 純
徳田, 博人
照屋, 寛之
宗前, 清貞
Authors alternative :Nakachi, Hiroshi
Egami, Takayoshi
Takara, Tetsumi
Satou, Manabu
Shimabukuro, Jun
Issue Date :8-Mar-2003
Abstract :平成14年度~平成16年度文部科学省科学研究費補助金基盤研究(B)(2)第1年目研究成果中間報告書
研究概要:(平成14年度時点)平成14年度は、以下のような研究会合を開催し、その研究会議録をすべて研究報告書という形態で、発表(発行)した。8月10日研究企画会議:後期研究定例会=講座の形態とスケジュールについて・9月14日研究企画会議:前期研究定例会=講座総括と後期講座の内容・10 月19日(ワークショップ):ワークショップを体験する・11月2日(ワークショップ):ワークショップの進め方・11月16日(ワークショップ): (1)教育権(2)参加の権利(3)コミュニティ・NPO・11月21日(報告会):(1)「西尾私案」についての報告会(2)伊丹市・生野町調査報告・ 11月30日(ワークショップ):(1)議会の責務(2)市長の責務(3)職員の責務・12月14日(ワークショップ):(1)総合計画(2)財政自主権 (3)政策評価・H14年1月9日(研究報告会):(1)水俣視察報告(2)神野直彦『地域再生の財政学』読書報告・1月11日(ワークショップ): (1)情報共有(2)住民投票制度(3)対外関係・1月25日(ワークショップ):(1)前文(2)総則(3)改正手続・1月30日(報告会):兵庫県生野町のまちづくりと自治基本条例・2月8日(後ワークショップ):(1)環境権(2)平和的生存権(3)抵抗権・2月11日(ワークショップ総まとめ): 自治基本条例モデル素案再吟味と精査・2月15日02年度研究成果報告シンポジウム
未公開:P.285以降(関連新聞記事掲載のため)
Type Local :研究報告書
Publisher :仲地博
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/13107
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Law and Letters)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No2.14320008-1.pdf表紙,目次,はしがき,1.沖縄自治研究会 自治基本条例モデル素案7069KbAdobe PDFView/Open
No2.14320008-2.pdf2.シンポジウム「これからのまちづくり」17529KbAdobe PDFView/Open
No2.14320008-3.pdf3.研究会の経緯・後期の企画会議4868KbAdobe PDFView/Open
No2.14320008-4.pdf4.研究会議事録 後期第1回ワークショップ,第2回ワークショップ11661KbAdobe PDFView/Open
No2.14320008-5.pdf4.研究会議事録 後期第3回ワークショップ12605KbAdobe PDFView/Open
No2.14320008-6.pdf4.研究会議事録 後期第4回ワークショップ15825KbAdobe PDFView/Open
No2.14320008-7.pdf4.研究会議事録 後期第5回ワークショップ16716KbAdobe PDFView/Open
No2.14320008-8.pdf4.研究会議事録 後期第6回ワークショップ14466KbAdobe PDFView/Open
No2.14320008-9.pdf4.研究会議事録 後期第7回ワークショップ9225KbAdobe PDFView/Open
No2.14320008-10.pdf4.研究会議事録 後期第8回ワークショップ14287KbAdobe PDFView/Open