HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Research Report (Faculty of Law and Letters) >

 
Title :環東中国海における二つの周辺文化に関する研究-沖縄と済州の‘間地方’人類学の試み-
Title alternative :Research On Two Marginal Cultures Of The East China Sea Area : A Trial Model Of 'Interlocal' Anthropology Of Okinawa And Cheju Cultures.
Authors :津波, 高志
大城, 肇
池田, 榮史
豊見山, 和行
後藤, 雅彦
徳丸, 亞木
鈴木, 寛之
全, 京秀
庾, 喆仁
李, 清圭
金, 良柱
鄭, 光中
金, 東栓
左, 恵景
Authors alternative :Tsuha, Takashi
Oshiro, Hajime
Ikeda, Yoshihumi
Tomiyama, Kazuyuki
Goto, Masahiko
Suzuki, Hiroyuki
Issue Date :31-Mar-2001
Abstract :平成10~12年度科学研究費補助金基盤研究(A)(2)研究成果報告書
研究概要:環東中国海における二つの周辺文化、すなわち琉球文化と済州文化を同時的に捉えることによって導き出された研究成果は、予想どおりと言うべきか、両者を別個に扱ってきた従来の成果とはやはり異なるものである。たとえば、社会組織分野では、済州における祖先祭祀の分割が、近代になって長男奉祀から変化した事例が多く、また現に変化しつつある事例もあることを明らかにした。と同時に、それとはまったく対照的な変化として祖先祭祀の統合とも名付けるべき現象が奄美で起きていることも報告した(日韓双方の学会で始めての報告)。祖先祭祀の分割も統合も近代になって起きており、そしてまた現に進行中であることを踏まえると、中央文化の残存とか伝統では捉えきれない。むしろ、周辺文化が周辺文化として独自に大きな社会変化ないし外的影響に対応した結果として、あるいは対応しつつある状況として把握することによって、個々の変化を同時に説明することが可能となるのである。本プロジェクト・チームでは、日韓双方の研究分担者がお互いにカウンター・パートの協力を得て、相手側の異文化・異社会を現地研究することを重視し、研究成果報告書ではその調査の結果をまず提示した。インター・ローカルな研究視点に関して論議を尽くし、それを報告書に収める形にはなっていないが、地域開発の島嶼性、物質文化の日常雑器、地域史の漂流関係、民間信仰の死婚、考古学の島嶼域、口碑文学の場面など、各分野における比較の軸は明示されている。二つの周辺文化の同時的な把握と比較考察、すなわち間地方人類学の重要性は認識できたが、十分な理論化を図る上で、もう少し事例を増やし、論議を重ねる時間の必要性も痛感している。つまり、可能ならば、あと2年程度の継続研究を願う次第である。
概要(欧文):The results of this inter-local research project on two marginal cultures in the East China Sea area, namely Ryukyuan and Cheju cultures, have revealed findings different from those of past studies which considered these two regions separately. For example, in the area of social organization, specifically the disbursal of roles in ancestral rites in Cheju Island, the authors have discovered numerous cases in which first sons had formerly exclusive rights to ancestral rituals, as well as many cases which reveal a process of change to a division of roles. By contrast, the authors have also reported on the phenomenon of consolidation of ancestral rites in Amami Island. Considering the fact that both of these are recent phenomena which have occurred in response to the pressures of modern society, and are part of an ongoing process of change, it does not follow that these processes of change can be explained as survivals of traditions of the dominant national culture. Rather, only by approaching these seemingly contradictory processes of change as local cultures responding to, or in the process of adapting to wider changes in mainstream society and outside influences from their own local perspectives can we arrive at a satisfactory explanation of both phenomena. The comparative perspective of culture and society in the findings published in this research report are the result of close cooperation of Japanese and Korean researchers, who aided and facilitated their partners during their fieldwork in the other's country. In this report, the inter-local perspective of research is not discussed in sufficient detail. However, a comparative perspective is maintained in all of areas of research.
Type Local :研究報告書
Publisher :津波高志
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/13127
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Law and Letters)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
10044011-1.pdf表紙,はしがき,目次,論文1,212667KbAdobe PDFView/Open
10044011-2.pdf論文3~713679KbAdobe PDFView/Open
10044011-3.pdf論文8-19559KbAdobe PDFView/Open
10044011-4.pdf論文8-29767KbAdobe PDFView/Open
10044011-5.pdf論文96657KbAdobe PDFView/Open
10044011-6.pdf論文1012917KbAdobe PDFView/Open
10044011-7.pdf論文11,129579KbAdobe PDFView/Open
10044011-8.pdf論文13~1517529KbAdobe PDFView/Open