HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Human science. Bulletin of the Faculty of Law and Letters, University of the Ryukyus, Department of Human Sciences >
No.15 (2005/3) >

 
Title :民俗調査データベースの構築 -奄美諸島における墓地とエスノ・ボタニーの調査から-
Title alternative :On Construction of an Anthropological Research Database:Processing Data from a Graveyard Survey and an Ethno-botanical Survey in the Amami Islands
Authors :津波, 高志
稲村, 務
Authors alternative :Tsuha, Takashi
Inamura, Tsutomu
Issue Date :Mar-2005
Abstract :民俗調査は人々の「声」の調査であり、生活の実態についての複合的な調査である。しかし、これまでのデータベースはそれぞれの声を文脈がわからない程に分解し、統合するという過程であり、「声」にとって一番重要な文脈を保存できておらず、複眼的な比較もできなかった。本稿ではICレコーダーとコンピュータソフトを使い、従来にないWeb型のデータベースの構築を提唱する。そうすることによって、民俗語彙、視覚情報、個々人の声、研究者の仮説とを有機的にリンクさせたデータベースの構築が可能になることを、奄美諸島の中の与論町における墓地にかんする調査のデータ化と大和村における人々の植物に対する認識のデータ化の事例を用いたデータベース構築を例として示す。
Type Local :紀要論文
ISSN :1343-4896
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/13188
Citation :人間科学 = Human Science no.15 p.115 -127
Appears in Collections:No.15 (2005/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No15p115.pdf746KbAdobe PDFView/Open