HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Science >
Research Report (Faculty of Science) >

 
Title :イシサンゴの自他認識の機構に関する共同研究
Title alternative :Joint study on the mechanism of recognition in corals
Authors :日高, 道雄
土屋, 誠
酒井, 一彦
竹村, 明洋
廣瀬, 裕一
山里, 清
RA Kinzie III
GH de Couet
M McFall-Ngai
CL Hunter
Authors alternative :Hidaka, Michio
Tsuchiya, Makoto
Sakai, Kazuhiko
Takemura, Akihiro
Hirose, Yuichi
Yamazato, Kiyoshi
RA Kinzie III
GH de Couet
M McFall-Ngai
CL Hunter
Issue Date :Mar-1999
Abstract :平成8~10年度科学研究費補助金(国際学術研究)研究成果報告書
研究概要:ハナヤサイサンゴの接触反応が発生段階により変化することを示した。同じ組み合わせでも、成群体では速やかに非瘉合に至るのに、幼群体では非瘉合へ至る進行速度が遅かった。非適合を示すペアの境界部では、多数の空胞、凝縮した核が見られ、アポトーシスによる細胞死が起こっていることが示唆された。サンゴの同種異種認識機構について調べるため、異なる種のサンゴの細片を接触させ、隔膜糸による胃腔外消化反応の有無を調べた。異なる科のサンゴに対しても、隔膜糸攻撃を示す場合と示さない場合とが見られ、胃腔外消化反応の有無により種の識別を行う方法は、適用できる種が限られることが分かった。イシサンゴ5種の卵黄タンパク質の生化学的・免疫学的特性を比較した結果、同じ科に属するイシサンゴの卵黄タンパク質は非常によく似ていることが判明した。しかし属が異なると卵黄タンパク質のアミノ酸組成が異なることが示唆された。雌雄同体のイボコモンサンゴにおいて、群体サイズが精子と卵の生産比に及ぼす影響を調査した結果、サンゴ群体のサイズが増加するにつれ、成長率が直線的に減少すること、遺伝的個体間で成長率に有意な差があることが明らかとなった。またサンゴの大きさによる卵と精子の生産比率の差が検出され、サンゴが群体サイズを認識できることが示唆された。ハワイ産のハマサンゴ属2種のサンゴで見られる異常成長部(がん?)の形態、生殖巣、染色体数を調べた。異常成長部では、ポリプの骨格である莢が拡大し、しばしば隔壁が倍数化し、ポリプあたりの生殖巣は減少していた。しかし染色体数に違いは見られなかった。
要約(英文):We showed that contact reaction between young colonies of the coral Pocillopora damicornis changes. Someinitially fused pairs later showedincompatible fusion and then nonfusion. Many vacuoles and condensed nucleiwere observed at the interface of histoincompatible pairs suggesting that celldeath through apoptosis occurred. Corals belonging to different families did not always compete through extracoelenteric digestion. Though presence of coelenteric digestion indicates that the two corals belong to different species, absence of coelenteric digestiondoes not mean the two corals are phylogenetically related. Yolk protein of five scieractinian corals were analyzed biochemically and immunologically. Yolk proteins of congeneric corals were similar to each otherwhile those from corals belonging to different families differ significantly. Abnormal growths (tumors) in Porites lobata and P.compressa showed skeletaimorphology different from normal polyp and reduced reproductive output. However, squashes of coichicine-treated blastulae obtained from crosses using gametes from tumors and mormal polyps revealed similarnumber of chromosomes.
未公開:P.5以降(別刷り論文のため)
Type Local :研究報告書
Publisher :日高道雄
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/13407
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Science)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
08044216.pdf1868KbAdobe PDFView/Open