HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.23 (1979/12) >

 
Title :にがうり果実と果汁の冷凍中におけるビタミンC含有量の変化について
Title alternative :The Effects of Freezing on the Contents of Vitamin C in Balsam Pear and its Juice
Authors :外間, ゆき
桂, 正子
東盛, キヨ子
Authors alternative :Hokama, Yuki
Katsura, Masako
Higashimori, Kiyoko
Issue Date :Dec-1979
Abstract :にがうり果実の生,電子レンジ加熱処理,果汁およびそれらの冷凍物中のビタミンC含有量を測定し,次の結果を得た。 1)にがうり果実の果肉部の平均TVCは,100.23mg%であった。種子のう部は果肉部よりTVCが多かった。電子レンジ加熱処理によるTVCの減少は殆んどみられなかった。果汁調製物中のTVCは11~15mg%であった。 2)果肉の半月切り,すりおろした果肉,オートー果汁の冷凍物F~JのTVCは経時的に減少し,RVCもほゞ同様に減少した。電子レンジ加熱処理したものについても同様に減少した。それらの6か月目のTVCは調製直後の約50~70%に,RVCで約15~40%残であった。にがうり果汁の冷凍物K~OのTVCはKを除いて経時的に噌加し明らかにDNPとの反応物質の生成がみられた。
Type Local :紀要論文
ISSN :0386-5746
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/1341
Citation :琉球大学教育学部紀要 第二部 no.23 p.231 -234
Appears in Collections:No.23 (1979/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol23p231.pdf235KbAdobe PDFView/Open