HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.23 (1979/12) >

 
Title :にがうり果実飲料の嗜好について
Title alternative :On the Preference of Balsam Pear Juice
Authors :外間, ゆき
桂, 正子
東盛, キヨ子
Authors alternative :Hokama, Yuki
Katsura, Masako
Higashimori, Kiyoko
Issue Date :Dec-1979
Abstract :生にがうりと電子レンジ加熱処理にがうりを用いて果実飲料を作り,その嗜好度とビタミンC含有量を測定し比較した。 また,酸味料と香料の配合を検討しその嗜好度についても調査を行い次の結果を得た。 (1)にがうりの電子レンジ加熱処理と無処理の間に識別上,嗜好上の有意差はみられなかった。したがって殺菌を目的に電子レンジ加熱処理が行える。 (2)酸味料ではクエン酸が好まれた。 (3)香料はバニラが好まれ,ついでパイナップル,レモンの順であった。 (4)果実飲料のビタミンC含有量は13mg%で測定値と計算値の差はほとんどみられなかった。
Type Local :紀要論文
ISSN :0386-5746
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/1342
Citation :琉球大学教育学部紀要 第二部 no.23 p.227 -230
Appears in Collections:No.23 (1979/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol23p227.pdf263KbAdobe PDFView/Open