HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Science >
Research Report (Faculty of Science) >

 
Title :モジュラーParty代数の研究
Title alternative :A Research on the Modular Party Algebra
Authors :小須田, 雅
Authors alternative :Kosuda, Masashi
Issue Date :4-Jun-2009
Abstract :2006年度~2008年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書
研究概要:本研究においては平成18年度中にモジュラーParty代数の定義関係式と標準基底を決定することが出来た。これにより,モジュラーParty代数がcell構造を持つことが明らかになった他,構成した準同型が表現になっているかどうかの判定が容易になった。19年度にはモジュラーParty代数のMurphy作用素を計算するプログラムを得ることが出来た。これにより,それまで難しいと思われていたPartition代数の半正規形式による表現の構成が可能になり,実際,ランク4までの既約表現をすべてこの方法により構成することに成功した。一般のランクについてPartition代数の既約表現については未だ解 明されていないが,ランク4までの結果を観察する限りでは,モジュラーParty代数の場合と同様,表現行列の成分に鈎長や軸間距離のようなものが現れており,これらの言葉で具体的な記述を行うことが今後の研究課題で期待されている。
Type Local :研究報告書
Publisher :小須田雅
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/13467
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Science)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
18540042seika.pdf182KbAdobe PDFView/Open