HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Engineering >
Research Report (Faculty of Engineering) >

 
Title :相対遅延モデルに基づく非同期式パイプラインシステムの論理設計と試作および評価
Title alternative :Design, Manufacture and Evaluation of an Asynchronous Pipeline-System based on Relatively-Delay Model.
Authors :長田, 康敬
Authors alternative :Nagata, Yasunori
Issue Date :1-Jun-2009
Abstract :2005年度~2008年度科学研究費補助金(基盤研究(C)研究成果報告書
研究概要:コンピュータの超高速化,高機能化にともなって集積回路が超微細化加工されるに従い,従来のクロックによる同期式システムの考えだけでは正しい動作が保障されないため,要求/応答制御信号を用いた非同期システムが注目されている.本研究では,相対遅延モデルを提案し,これに基づく非同期システムやパイプラインシステムを設計し,これらをFPGA上に実装し,評価を行うものである.研究の途中で,D-素子や2 線論理実装ライブラリ,また,非同期システムの検証手法,時相論理の新しい体系などを提案している.
Type Local :研究報告書
Publisher :長田康敬
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/13508
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Engineering)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
17560361seika.pdf172KbAdobe PDFView/Open