HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Science >
Research Report (Faculty of Science) >

 
Title :格子と結合した量子スピン系における乱れとフラストレーションの効果
Title alternative :Effects of randomness and frustration on quantum spin systems with lattice distortion
Authors :安田, 千寿
Authors alternative :Yasuda, Chitoshi
Issue Date :3-Jun-2009
Abstract :2006年度~2008年度科学研究費(若手研究(B))研究成果報告書
研究概要:スピン・パイエルス物質で観測されている「不純物誘起反強磁性長距離秩序」のメカニズムを調べた。量子力学的に非磁性な系をボンド希釈すると、ダイマーが壊れ、抜いたボンドの両端に有効スピンが誘起する。それらの有効スピン間には二種類の有効相互作用が競合して存在し、それらの相互作用の強さが同等になるまで反強磁性長距離秩序が誘起されないことを明らかにした。さらに、格子の自由度を考慮した系では、格子エネルギーの利得のため格子歪みの最適化がなされ、有効スピンが不純物近傍に誘起される場合と不純物間中央に誘起される場合があることを明らかにした。
Type Local :研究報告書
Publisher :安田千寿
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/13509
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Science)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
18740239seika.pdf169KbAdobe PDFView/Open