HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.30 (1987/3) >

 
Title :沖縄県における家庭婦人バレーボールに関する一考察
Title alternative :A Study of Housewives' Volley-Ball Games in Okinawa Prefecture
Authors :浜元, 盛正
宮城, 勇
Authors alternative :Hamamoto, Morimasa
Miyagi, Isamu
濱元, 盛正
Issue Date :Mar-1987
Abstract :This paper has two purposes. The first is to investigate the present situation of volleyball activities among housewives; the second is to investigate the background and structure of family and society which surround housewives' sports activities. The results of the investigation are as follows: A. Background and structure of family and society 1. Of the housewives we surveyed, those who are in five-member families were the most numerous, comprising 34.4% of the total. 2. The overwhelming majority (85.7%) were in two-generation families, and a few were in three-generation families. 3. Most of them are high school graduates; a few junior college or collge graduates. 4. 50.7% of them have wage earning jobs, some of which are part-time. 5. Many of them used to do track and field and some used to play softball or pingpong. 6. 65% of them have experience in playing volleyball while in junior or senior high school. 7. The group with a histroy of 5-6 years experience in playing volleball is larger than the group with 7-8 years. 8. It was found than the children (74.0%) were much more supportive of their mothers' volleyball activities than the husbands (58.0%) were. The parents-in-law (46.6%) were least supportive of all. 9. Baseball was found to be the most popular sport among the children and the husbands. 10. Housewives who participate in volleyball activities are also active in their daily life. Most of them not only enjoy other kinds of sports but also take various opportunities to cultivate themselves. 11. Women in the southern and northern parts of Okinawa get up early and go to bed early. On the other hand, those in Naha, on offshore islands and in the central part comparatively get up late and go to bed late. B. Sports activities 1. Most of them said they started playing volleyball because they liked it. A few said they started it to kill time or divert themselves from loneliness. 2. Almost all of them have experience in participating in official volleyball games. 3. The main reasons given for playing volleyball are as follows : 1) to maintain good health; 2) to make new friends or to find someone to talk to; 3) to keep physical and mental youthfullness.
本研究の目的は,家庭婦人バレーボールの現状の認識と,家庭婦人バレーボールを取り巻く家庭・社会的状況,活動状況などを把握し,併せて今後の課題を得ることであった。 主な結果を要約すると次の通りである。 1.家庭・社会的状況 出身は那覇市出身者が最も多く,全体の13%近くを示し,県外出身者は総勢で18人,5.8%の数値である。 家族構成は5人家族が最も多く,全体の34.4%である。 世代別の居住形態は,二世代家族が圧倒的(85.7%)で,三世代同居家族は著しく少ない。 家庭婦人バレーボールの実施者は,高校卒業者が断然多く,短大や大学卒業者は比較的少ないといえる。 専業主婦は全体の34.1%で,パート労働を含めた給与労働者は50.7%を占めている。 過去に経験したスポーツは,陸上競技が最も多く,ソフトボールや卓球にも回答がある。 過去におけるバレーボールの経験は,中学・高校時代が最も多く,全体の約65%を占めている。 バレーボール歴は5年~6年が最も多く,次いで7年~8年の順となっている。 バレーボールを始めて最も協力的になったのは子供(74.0%)で,夫(58.0%)・親(48.6%)も協力的になり対応の変化を見せている。 家族が実施している代表的なスポーツは,子供・夫共に野球が顕著である。 家庭婦人のバレーボール実施者は,日常生活も積極的で,他のスポーツや趣味・教養の向上のための講座にも参加している人が多い。 ディナー・サービスの利用は「全く利用していない」が圧倒的である。 起床時刻は南部・北部では朝が早く,就床時刻も早い。一方那覇・離島・中部では比較的朝が遅く,就床時刻も遅い傾向がある。 2.活動状況 バレーボールを始めた動機は「バレーボールが好きだから」が最も多く,「ひまつぶし」・「さびしいので」への回答は極めて低い数値となっている。 公式競技大会には,ほとんど全員が参加の体験を持っている。 バレーボールの意義は「参加すること」に最高率の回答を得た。一方バレーボールを実施している主な理由は「健康の保持増進によい」・「心身の若さを保つのによい」等をあげている。バレーボール実施上で不都合なことは,ほとんどみられないが,極く少数の人が「バレーボールと家庭の行事がかちあいがち」の項目を支持している。
Type Local :紀要論文
ISSN :0386-5746
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/1358
Citation :琉球大学教育学部紀要 第二部 no.30 p.139 -156
Appears in Collections:No.30 (1987/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol30p139.pdf1428KbAdobe PDFView/Open