HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.30 (1987/3) >

 
Title :バレーボールにおけるパスおよびトスの名称に関する文献的研究
Title alternative :Bibliographical Study on Pass and Toss as a Technicalterminology in Volleyball
Authors :浜元, 盛正
Authors alternative :Hamamoto, Morimasa
濱元, 盛正
Issue Date :Mar-1987
Abstract :This study was attempted to establish frameworks and common recognition of pass and toss of volleyball by bibliographical research on 37 literatures. The result is as follows; 1 Framewark of pass Only 9 literatures out of 37 seem to have classificatory viewpoint as to the variety of pass. But each literature adopts for classification different criteria such as 'variety of technique', 'direction of pass', 'form', and 'moving track of waist'. Most variations of pass described in 37 literatures can be systematically classified as table 8 by setting 8 criteria. 2 Framework of Toss 13 literatures out of 37 seem to have classificatory viewpoint as to the variety of toss, but in the same way as the case of pass the criteria adopted for classification are not unified. The criteria seen are 'motion', 'direction of toss', 'variety of technique', 'position of tosser', 'direction of tosser', 'timing of toss', 'speed of ball', and so on. In order to cover the variety of toss picked out in this study, 9 criteria are needed as table 9. These frameworks, if they are applied to game analysis, will help to check team levels. Practical uses will be discussed in the future.
本研究の目的は,バレーボールにおけるパスおよびトスに関する文献研究により,パスとトスのフレームワークを作成し,パスとトスについて共通理解を得ることであった。 限られた文献の範囲内(37冊)での研究であったが,研究の結果は次のとおりである。 1.パスのフレームワークについて 殆どの文献が名称を並列する形式で説明し,9冊の文献のみが分類視点を掲げている。しかし9冊の文献も分類視点が不統一である。その視点は,技術の種類・動作・フォーム・腰の移動軌跡・パスの方向であった。 37冊に掲載されたほとんどのパスの名称は表8のように触球の時期,パスした人の位置,足・腰と地面の関係,手・腕の使い方,ボールに触れる高さ,ボールの飛ぶ方向,ボールの飛ぶ距離の8視点を設けることによって表中の枠組に納めることができると思われる。 2.トスのフレームワークについて 殆どの文献が各名称を並列して説明し,13冊の文献はトスの分類視点を掲げている。しかし,パスの場合と同様視点が不統一である。その内容は,動作・トスのあがる方向・技術の種類・トスした人の位置・トサーの身体の向き・トスのタイミング・ボールのスピード・フォーム・腰の移動軌跡である。 今回抽出した名称を包含させるためには,表9のように触球の時期,トスした人の位置,トサーとネットの関係,足・腰と地面の関係,手・腕の使い方,ボールに触れる高さ,ボールの飛ぶ方向,ボールの飛ぶ軌跡,スパイクされるまでの所要時間・タイミングの9視点を設けることが必要と考える。 尚,今回のフレームワークをゲーム分析に活用することによってチームのレベル診断に役立つことが推測されるので今後の課題としたい。
Type Local :紀要論文
ISSN :0386-5746
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/1359
Citation :琉球大学教育学部紀要 第二部 no.30 p.121 -137
Appears in Collections:No.30 (1987/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol30p121.pdf1072KbAdobe PDFView/Open