HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Research Report (Faculty of Education) >

 
Title :脳障害者の認知機能評価に関するサイコメトリックスの再考-認知心理学と脳科学の知見をベースとして
Title alternative :Psychometrics' reconsideration of the neuropsychological assessment in brain damaged patients
Authors :富永, 大介
兵頭, 明夫
Authors alternative :Tominaga, Daisuke
Hyodo, Akio
Issue Date :May-2005
Abstract :平成15~16年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書
研究概要:痴呆の評価を中心とした高齢者の認知機能評価とは異なり、脳損傷患者の認知機能評価は、損傷の部位、病理、経過のプロセスなどにより様々な認知傷害の様相を呈することは明らかである。このような背景のもとで、脳神経外科、神経内科、精神科、放射線科に入院・通院している脳障害者の認知機能評価の目的で、検査項目の選択にあたり、いくつかの条件を設定し、琉球大学式認知機能評価バッテリーを考案した。検査項目の中で、いいまで検討してきたものは、MMSEを修正したmodified MMSEを中心とし、認知機能の全体的様相の分析である。即ち、3MSの下位項目の検討を通して、損傷部位、病理、術前・術後の経過等でのプロフィールの分析を行ってきた。また、前頭葉検査として位置づけられている、Stroop testとTrail making testを健常者および、脳障害者で行い、琉球大学方式の検査方法を検討した。具体的には、この方式による標準化を試みることによって、データの客観性を得ることができ、この標準化データをもとに、脳損傷者の認知機能評価を、病理、術前・術後の経過等を変数として検討してきた。
要約(欧文):The assessment of cognitive function of brain damaged patients is different from the elderly as well as dementia Brain damaged patients reveal various aspects of cognitive dysfunction by some variables of the damaged region, brain pathology, the process of illness and so on. We designed the brief neuropsychological test battery (Ryukyu University Version) on the basis of some conditions in view of the above described background factor. We have analyzed global cognitive dysfunction of the brain damaged patients using the modified MMSE(3MS) in comparison with normal subjects. We showed the profile of cognitive dysfunction of brain damaged patients with 3MS in terms of the variable of damaged region, pathology, pre-post operation and so on. Moreover, the Stroop test and the Trail making test which is sensitive to the dysfunction of the prefrontal neocortex, including one of our brief neuropsychological test battery, were conducted on many brain damaged patients and the normal subjects to standardize these data. We also have analyzed the aspect of cognitive function of brain damaged patients with this standardization.
未公開:P.36以降(別刷論文のため)
Type Local :研究報告書
Publisher :富永大介
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/13597
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Education)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
15530457.pdf13953KbAdobe PDFView/Open