HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.27 (1984/1) >

 
Title :沖縄県における職業高校生のスポーツ活動に関する調査
Title alternative :A Survey of Sports Activities of Vocational Senior High School Students in Okinawa Prefecture
Authors :外間, 政太郎
浜元, 盛正
Authors alternative :Hokama, Seitaro
Hamamoto, Morimasa
濱元, 盛正
Issue Date :1984-1
Abstract :This study was attempted primarily to investigate the actual state of sports activities of vocational senior high school students of Okinawa, aiming secondly to estimate their interest in the 42nd National Sports Festival scheduled to be held in 1987 in Okinawa. The results obtained were as follows; 1 More than 90% of subjects were in good health. 2 The total rate of students' participation in sports club was lower than that of common school, and moreover, girls showed lower rate than boys. 3 The variety of sports activities was more than that of common school. Boys had more variety than girls. 4 Boys did not have much time for study, but much free time. Girls had less time of practice than boys. 5 Boys showed keen interest in the 42nd National Sports Festival, while girls totally proved to be passive concerning this event. 6 Present state of sports clubs 1) Those who had belonged to sports clubs in junior high school had a tendency to continue their sports activities. 2) The average length and frequency of practice was 2 or 3 hours per day and 6 or 7 days per week. 3) Students requested the Okinawa Senior High School Sports Federation to increase frequency of sports meeting and a institute of technique. About 25% of students supported the present policy of the federation.
本研究の目的は,全日制職業高校生のスポーツ活動の現状を全日普通科の生徒と比較しながら把握し,第42回沖縄国体への関心度を知ることであった。 主な結果を要約すると次のとおりである。 1.約90%の者が健康な状態であった。 2.運動部員の割合は普通高校より少く,更に女子は男子より低い。 3.男子は,勉強時間が少なく,自由時間は多い。女子は,運動時間が少ない。 4.運動実施状況は職業科の方が多様化している。また男子が女子より多様である。 5.第42回沖縄国体への関心度は,男子が積極的であるが,女子は消極的である。 6.運動部の現状 1)中学校での運動部経験者が現在も継続している。 2)入部の目的は「好きだから」「身体を鍛練するため」「技術の習得のため」となっている。 3)練習時間は1日2~3時間,週6~7日を費している。 4)部費負担は,男子では幅があり,女子は3万以下が大勢を占めている。 5)現在,「専門的指導者」「活動資金増」を希望し,職業科女子は,特に「家族の理解」を求めている。 6)大会参加は,高体連主催行事以外の大会へ1-4回が多く,「高体連の行事のみ」が約25%もいる。 7)高体連に対しては「大会数の増」「技術講習会の増」を希望しているが,現状肯定者も約25%いることがわかった。
Type Local :紀要論文
ISSN :0386-5746
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/1360
Citation :琉球大学教育学部紀要 第二部 no.27 p.265 -273
Appears in Collections:No.27 (1984/1)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol27p265.pdf887KbAdobe PDFView/Open