HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Agriculture >
Research Report (Faculty of Agriculture) >

 
Title :養殖モズクから製造したフコイダンの機能・特性の開発に関する研究
Title alternative :Studies on the development of fucoidan prepared from commercially cultured Cladosiphon okamuranus TOKIDA(Okinawamozuku)
Authors :田幸, 正邦
Authors alternative :Tako, Masakuni
Issue Date :Mar-2004
Abstract :平成14-15年度科学研究費補助金(一般基盤研究C)研究成果報告書
研究概要:先に、沖縄県で養殖により生産されているオキナワモズクに、フコイダンが多量含まれる事を明らかにした。また、このフコイダンは酢酸基を置換する事を明らかにした。ここでは、最初に、本藻から製造したフコイダン水溶液の流動特性と動的粘弾性をレオゴニオメーターを使用して検討した。フコイダン水溶液は濃度1.5%まで擬塑性流動を、2.0%では降伏値が認められ、塑性流動を示した。本フコイダンの動的粘弾性は濃度の増大に伴って1.0%まで徐々に増大したが、それ以上の濃度で急激に増大した。動的弾性率に比較して粘性率の値が高かった。塩化ナトリウムおよび塩化カルシウムの添加によって動的弾性率が増大した。また、本フコイダンの動的粘弾性は、広いpH域で高い値を示した。以上の結果から、オキナワモズクから製造したフコイダンは、流動性に優れている事が解った。従って、食品、化粧品およびその他の工業で利用可能である事が示唆された。次に、オキナワモズクに加え、沖縄県で養殖により生産されているイトモズクからフコイダンを製造してそれらの抗血液(ヒト)凝固作用について調べた。なお、オキナワモズクから製造したフコイダンは脱アセチル化物についても調べた。すでに抗血液凝固剤として使用されているヘパリンを対照に比較検討した。オキナワモズクおよびイトモズクから製造したフコイダンのトロンボプラスチン活性は、ヘパリンのそれと比較して高い値を示した。またトロンビン活性も高かった。フコイダンを脱アセチル化すると、抗血液凝固作用が増大した。以上の結果から、オキナワモズクおよびイトモズクから製造したフコイダンは血液の凝固を阻止する作用のある事が解った。フコイダンは多くの機能を有する事から現在最も注目されている多糖である。特に、オキナワモズクに含まれるフコイダンは極めて特異な機能を有する可能性がある。
要約(欧文):I have previously isolated a fucoidan from commercially cultured Cladosiphon okamuranus TOKIDA(Okinawamozuku), the yield of which was estimated to be 2.0-2.3%(wet seaweed). Fucoidan has physiological and biological activities of an cholesterol lowering, anti-coagulant and anti-tumor agent. I report herein rheological properties and blood anti-coagulant activity of the fucoidan prepared from commercially cultured Okinawamozuku on nets at sea off the southern part of Okinawa Island(Chinen Village),Japan. The fucoidan consisted of L-fucose:D-xylose:D-glucuronic acid:acetic acid:sulfuric acid=4.0:0.1:1.0:2.0:2.0. The molecular weight of the fucoidan was estimated to be 500,000. The non-Newtonian behavior and dynamic viscoelasticity of the fucoidan were measured with a rheogoniometer equipped with a coaxial cylinder and rotating outer cylinder. The flow curves of the fucoidan, at 25℃, showed shear-thinning behavior below 1.5%, but plastic behavior at 2.0%. A little higher dynamic viscosity was observed than that of storage modulus in fucoidan solutions at various concentrations. The dynamic viscoelasticity increased with addition of NaCl(0.1%) and CaCl_2(0.1%) to 2.0% fucoidan solution. The dynamic viscoelasticity of the fucoidan was stable over a wide pH range. The fucoidan had unique Theological characteristics in aqueous solution, therefore it migh be able to use in foods, cosmetics and some other industries. Blood anti-coagulant activity tests were conducted on th fucoidan with human plasma in comparison with heparin. The thrombin and activated thromboplastin activity was higher than that of heparin. Partially hydrolyzed fucoidans with sulfuric acid and formic acid had higher activity that that of native fucoidan.
未公開:P.59以降(別刷論文のため)
Type Local :研究報告書
Publisher :田幸正邦
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/13651
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Agriculture)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
14560105.pdf16546KbAdobe PDFView/Open