HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
SCRIPSIMUS >
No.18 (2009/10) >

 
Title :Japanese Pre-service Teacher Trainees' Awareness of English as an International Language
Title alternative :国際語としての英語:英語教職課程を履修する大学生の理解と認識に関する調査
Authors :Shibata, Miki
Authors alternative :柴田, 美紀
Issue Date :Oct-2009
Abstract :Numerous studies have investigated non-native speakers' attitudes toward the nativeness paradigm, with the results showing a strong favoritism toward a standard variety of English found in the United Kingdom and North America. The data used in previous research was collected mostly from ESL learners and ESL teachers; few studies have explored pre-service teachers' language attitudes in regions where English is taught as a foreign language. On the assumption that the beliefs and attitudes held by pre-service teachers will influence the relationship between themselves and the target language as well as their potential students' view of English language in the international community, the current study examines Japanese pre-service teachers' beliefs concerning the status and value of English as an international language (ElL) as well as their views on native speaker norms.
本研究は、英語教職課程を履修している大学生40名を対象に、英語母語話者と国際語としての英語の役割をどのように捉えているかをアンケート調査した。結果は、彼らが英語に対して持つ態度が二面的であることが明らかになった。「日本人英語」は不適切であるので英語母語話者の発音を身につけるべきである、また英語教育の現場では英語母語話者の英語習得を目指すべきであるとする一方で、英語は国際語としての地位を確立しており、非英語母語話者は必ずしも英語母語話者の英語を基準としそれを使用する必要は無いと認識している。これは、国際社会においてあらゆる非母語話者の変種を認めることを理想とするが、やはり現実は非英語母語話者が英語母語話者の英語を目指すというジレンマの表れを示していると考えられる。最後に、英語教育において英語母語話者の英語を基準とする意義と国際語としての英語の理解を英語教員養成課程で取り上げる必要性を論じる。
Type Local :紀要論文
ISSN :0919-4215
Publisher :琉球大学法文学部国際言語文化学科欧米系
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/14268
Citation :言語文化研究紀要 : Scripsimus no.18 p.1 -25
Appears in Collections:No.18 (2009/10)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No18p001.pdf1182KbAdobe PDFView/Open