HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Ryudai review of Euro-American studies >
No.40 (1995/12) >

 
Title :Dialectic Interplay of Cultural Symbols: A Comparative Analysis of Western Apache Joking Performance and Dugri Speech
Title alternative :言語行動にみられる文化的シンボルの相互作用 -ウェスタン・アパッチの模倣言動とドゥグリ・スピーチの比較分析-
Authors :Miyahira, Katsuyuki
Authors alternative :宮平, 勝行
Issue Date :Dec-1995
Abstract :民族誌学によるコミュニケーション研究に基づいて,本稿では言語行動にあらわれる文化的シンボルがどのような働きをするのかを考察する。特に,言語行動がどの様に社会変化もしくは文化変容を促すのか,事例研究の比較分析を通して変化構造の一端を解明することが本論の目的である。ウエスタン・アパッチ(米国)とサプラ(イスラエル)の言語行動を事例として挙げ,奥深い意味を持つ文化的シンボルが深層で複雑に相互作用する過程を詳しく調べてみた結果,言語共同体に特有な「話しことば」は社会変化あるいは文化変容の重要な媒体であることがわかった。社会の変化は言語共同体に特有なコミュニケーション行動による第一次テクストと代替テクストの相互作用や,それに基づくアイデンティティーの再認識と創出の繰り返しの中で遂行される。こうしたコミュニケーション行動の具体例としては,コードの切り替え(Code-Switching)や話しことばの儀式(Communicative Rituals)が挙げられる。従って,コードの切り替えや話しことばの儀式に注目してコミュニケーション行動を分析すれば,特定の言語共同体における話しことばの文化的意味を発見する大きな手がかりが得られることを本稿では論証する。
Type Local :紀要論文
ISSN :1341-0482
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/14367
Citation :琉球大学欧米文化論集 = Ryudai Review of Euro-American Studies no.40 p.1 -20
Appears in Collections:No.40 (1995/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No40p001.pdf763KbAdobe PDFView/Open