HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Medicine >
Research Report (Faculty of Medicine) >

 
Title :南西諸島出土人骨の形質人類学的・人類遺伝学的研究
Title alternative :Morphological and genetic studies on human skeletal remains of the Nansei islands
Authors :土肥, 直美
平田, 幸男
百々, 幸雄
宝来, 聰
高宮, 広土
峰, 和治
Authors alternative :Doi, Naomi
Hirata, Yukio
Dodo, Yukio
Horai, Satoshi
Takamiya, hiroto
Mine, Kazuharu
Issue Date :Mar-1997
Abstract :平成7-8年度科学研究費補助金(基盤研究B)研究成果報告書 / 成果概要:頭蓋の形態小変異や遺伝子の研究者から疑問が提示された、南西諸島人の成り立ちを総合的に解明するために、形質人類学、人類遺伝学、先史学の研究者による本研究プロジェクトが組織された。 初年度は、2回の班会議を千葉と沖縄で開催し、各研究分担者は相互の情報交換を行うとともに、これまでの研究状況の報告と総合討論を行った。 2年目は前年度に調整した課題について、各研究分担者が独自に研究を進めた。 その結果、現在までに以下のような知見が得られている。 形質: 1)沖縄先史時代人は、全体的にサイズが小さく、頭型は過短頭、また顔の高径が著しく低いという特徴を持つことが明らかになった。また、それらの特徴は、種子島弥生人や奄美諸島の弥生人にも共通するものであることが分かった。 2)沖縄諸島においてみられた先史時代と中世以降の間の明瞭な形質の時代差が奄美諸島においても認められることが明らかになった。 3)頭蓋の計測および非計測形質について南西諸島人の再検討を行った結果、一般的に近縁であると考えられている北海道のアイヌと南西諸島現代人が、それぞれ、独自の特徴を持つ集団であることが明らかになった。南西諸島現代人を特徴づけるのは顔面の平坦性であった。 ミトコンドリアDNA: 東アジアの5人類集団のミトコンドリアDNAの分析からは、日本人の起源に関する仮説のうち、混血説を指示する結果が得られ、また、一般的に近縁と考えられている南西諸島人とアイヌが、大陸からの渡来があった頃には、すでに別の集団を形成していたことが示された。 先史学: 各時代の遺跡数の変化のパタ-ンを分析した結果、ひとが沖縄に適応できたのは縄文後期であることが示唆された。
We could integrate our findings obtained from morphological, genetic and ecological studies about the Nansei islanders twice (1st at Chiba and 2nd at Okinawa). In addition, Doi and Mine collected skeletal samples from the Amami and Okinawa islands for mtDNA analysis. mtDNA analyzes of these skeletal samples are proceeding at National Institute of Genetics.The results obtained up to the present were summarized as follows :<Skeletal morphology>1) The ancient Okinawans were revealed to share some skeletal features with the Tanegashima and Amami Yayoi peoples. They were characterized by small cranial size, hyperbrachycrany and shorter face.2) Significant secular changes in skeletal morphology were found both in the Okinawa and Amami islands.3) The modern Nansei islanders, generally considered to have close affinity to the Ainu, were revealed to have unique morphological characteristics. They were clearly discriminated from the Ainu by flat face.<mtDNA>The analyzes of mtDNA from five East Asian populations (mainland Japanese, Ainu, Okinawans, Koreans, and Chinese) lend support to the hybridization theory on the origin of modern Japanese. Furthermore, the Ainu and Okinawans, though they shared some genetic affinity with each other, were thought to have existed as different populations when the Yayoi migration began to take place.<Prehistory>The number of habitation sites in the Okinawa islands indicated that successful colonization of the island took place only during the later part of the Middle Jomon or the earlier part of the Late Jomon, but not prior to this time.
Type Local :研究報告書
Publisher :土肥直美
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/146
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Medicine)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
04_doi.pdf1325KbAdobe PDFView/Open