HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Medicine >
Research Report (Faculty of Medicine) >

 
Title :子宮頸癌に対する高線量率腔内照射の最適線量スケジュールの開発
Title alternative :Development of the optimal treatment schedule on high-dose-rate intracavitary brachytherapy for uterine cervical cancer
Authors :戸板, 孝文
垣花, 泰政
古平, 毅
手島, 昭樹
前濱, 俊之
Authors alternative :Toita, Takafumi
Kakinohana, Yasumasa
Kodaira, Takeshi
Teshima, Teruki
Maehama, Toshiyuki
Issue Date :Mar-2006
Abstract :平成16年度~平成17年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書
研究概要:1)研究概要「1, 2期子宮頸癌に対する高線量率腔内照射を用いた根治的放射線治療に関する多施設共同臨床試験」を施行中。研究事務局を国立がんセンター中央病院放射線治療部、データセンターを大阪大学大学院医学系研究科医用物理工学講座におき、平成16年9月24日より試験が開始された(3年間で60例予定)。 2)研究進捗状況平成18年2月13日現在、施設倫理委員会の承認を得た施設は16施設で、25例が登録されている。研究代表者(戸板)の施設からも現在まで4例が登録された。今年度は5月と11月に計2回の定期モニタリングを施行した。症例集積ペースはほぼ順調であり、重篤な有害事象の報告はない(結果は平成17年5月 14日、11月12日の厚生労働省がん研究助成金小口班会議にて報告)。6月10日、8月23日付けで、2回のメモランダム(覚え書き)を発行した(それぞれ、線量計算法、本文とCRFに不整合の訂正に関して)。 3)放射線治療質的評価委員会試験治療における放射線治療が実施計画書に遵守された形で行われているかどうかを評価するために、小口班放射線治療質的管理委員会の主催により第1回放射線治療の質的評価検討会を行った(平成18年2月4日)。平成17年9月までに登録された15例について、あらかじめ設定された基準に基づき16項目の評価を行った。現在結果を集計中である。 4)今後の予定引き続き患者登録、データ管理、定期モニタリング、放射線治療の質的評価を継続する。まず放射線治療の質的評価に関して集計結果を学会等で報告する。平成 19年9月の患者登録終了後は、2年間の経過観察を行い、結果は国際学会にて発表、国際誌へ投稿する。3, 4期子宮頸癌に対する化学放射線治療における高線量率腔内照射に関する前向き臨床試験を、科学研究費等の援助を得て計画する。
研究概要(英文) : 1)Multi-institutional prospective clinical study of definitive radiotherapy using high-dose-rate intracavitary brachytherapy for stage 1, 2 uterine cervical cancer is ongoing. Patient entry started from September 24, 2004. Target sample size was calculated to be 60. The estimated accrual phase of the study is 3 years. Administrative office is placed in the Department of Radiation Oncology, National Cancer Center Hospital. The data is managed in the Department of Medical Physics and Engineering, Osaka University. 2)This study was approved by IRB in 16 institutions. At the time of this writing (April 25, 2006), 30 patients have been entered into the study. 3)To keep the quality of radiotherapy utilized in this study, quality assurance (QA) and quality control (QC) committee was organized. The QA/QC committee performed the first QA review of radiotherapy on 15 patients treated on February 4, 2006. 4)We will continue the patient entry, data management, and QA review on radiotherapy. After closing the patient entry, data will be analyzed and the results will be submitted to the international journals.
未公開:P.78以降(別刷論文のため)
Type Local :研究報告書
Publisher :戸板孝文
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/14839
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Medicine)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
16591214-1.pdf表紙, はしがき2495KbAdobe PDFView/Open
16591214-2.pdf資料1-19225KbAdobe PDFView/Open
16591214-3.pdf資料1-210674KbAdobe PDFView/Open
16591214-4.pdf資料21278KbAdobe PDFView/Open