HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Ryudai Review of Language & Literature >
No.31(1986/12) >

 
Title :Über die Verb-Valenz des Deutschen
Title alternative :ドイツ語の動詞価について
Authors :Yoshii, Koichi
Authors alternative :吉井, 巧一
Issue Date :Dec-1986
Abstract :ドイツ言語学の流れの中で、重要な文法理論の一つとして「依存関係文法」が挙げられる。Helbig/ Schenkel のヴァレンツ理論の華々しい登場、それに続く Engel/ Schumacher 編集のドイツ国語研究所のヴァレンツ・レキシコーンと、70年代ドイツ言語学界を大いに揺るがした本理論も、次の発展への準備段階に入ったと言えようか。小論では、その発展の方向、及び可能性を探るべく、特にドイツ語動詞のヴァレンツを取り上げ、「machen」、「lassen」という二つの動詞の具体例から、問題性が含まれると思われるものに、若干の考察を試みた。
Type Local :紀要論文
ISSN :0387-7957
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/15269
Citation :琉球大学語学文学論集 = Ryudai review of language & literature no.31 p.97 -118
Appears in Collections:No.31(1986/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No31p097.pdf3680KbAdobe PDFView/Open