HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Ryudai Review of Language & Literature >
No.28(1983/12) >

 
Title :The Whitmanian Sublime: A Reading of "Song of Myself," Sections 26-38
Title alternative :ホイットマンのサブライム-「自己の歌」26-38節の一解釈
Authors :Yamazato, Katsunori
Authors alternative :山里, 勝己
Issue Date :Dec-1983
Abstract :ホイットマンの力編「自己の歌」(“Song of Myself”)に首尾一貫した構造が存在するのかどうかという問題は、1938年の Carl F. Strauch の論文を契機に多くの批評家を刺激してきた。たとえば、Gay Wilson Allen, Malcolm Cowley, Roy Harvey Pearce, James E. Miller, Jr., そして最近では Harold Bloom などが、独自の批評的見地から「自己の歌」の構造について論じている。小論の主張は、ホイットマンの上記作品中26-38節がひとつの構成単位として読めるということである。テキストの分析には Harold Bloom の“the American Sublime”という示唆豊かな概念を援用した。エマソソの Nature における“a transparent eyeball”の一節を“the American Sublime”の原型と考え、そのパターンがホイットマンの上記作品、とくに26-38節にきわだって鮮明にみられるというのが小論の論点であるが、同時にまた小論における分析は、「自己の歌」全体の解釈にも有効に拡大し得るひとつの焦点をつくる試みでもある。
Type Local :紀要論文
ISSN :0387-7957
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/15288
Citation :琉球大学語学文学論集 = Ryudai review of language & literature no.28 p.145 -160
Appears in Collections:No.28(1983/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No28p145.pdf3211KbAdobe PDFView/Open