HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Ryudai Review of Language & Literature >
No.29(1984/12) >

 
Title :The Ambassadors: The Transcendence of American Innocence as Melodramatic Vision
Title alternative :『使者たち』-アメリカのイノセンスの超越
Authors :Yamazato, Katsunori
Authors alternative :山里, 勝己
Issue Date :Dec-1984
Abstract :イノセンス(innocence)という言葉は、ヘンリー・ジェイムズ作品の登場人物たちの分析にはひどく有効な言葉である。R.W.B. Lewisの批評に代表されるように、“American innocence”はジェイムズ批評ではひとつの鍵になる用語であろう。しかし、イノセンスという言葉はあまりにも包括的で便利すぎる用語ではないのか。ジェイムズの諸作品の具体的な文脈のなかでイノセンスという言葉はさまざまな衣裳をまとって存在しているのではないのか。本稿では、『使者たち』におけるイノセンスは、ジェイムズの文脈のなかでは具体的に“melodramatic vision”として表現され機能すると解釈し、この作品は主人公ストレザー(Strether)が“melodramatic vision”を超越し成熟したヴィジョンを獲得していく過程を描いたものとして論じた。
Type Local :紀要論文
ISSN :0387-7957
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/15289
Citation :琉球大学語学文学論集 = Ryudai review of language & literature no.29 p.137 -158
Appears in Collections:No.29(1984/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No29p137.pdf4901KbAdobe PDFView/Open