HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Research Report (Faculty of Education) >

 
Title :小中高生における不眠症の有病率とその心理社会要因の縦断的疫学調査
Title alternative :Prevalence of insomnia and the psychosocial risk factor among Japanese students by the longitudinal epidemiological study
Authors :笹澤, 吉明
Authors alternative :Sasazawa, Yosiaki
Issue Date :17-Jun-2009
Abstract :2006年度~2008年度科学研究費補助金(若手研究(B))研究成果報告書
研究概要:小中高生の不眠症の有病率とその心理社会的要因を明らかにするため、小学生1,000 名、中学生1,500 名、高校生1,000 名に対して3度に亘り質問紙調査を行った結果、小学生では1割程度、中高生では、2割程度が不眠症傾向であり、不眠症傾向である小中高生は共通して、抑うつ気分、登校意欲の精神保健指標と縦断的に関連があることが明らかとなった。小中高生の不眠症傾向者共通して就寝時刻が遅く、睡眠時間が短い傾向があった。また生活面では、小学生、中学生の不眠症傾向者のテレビ視聴時間との縦断的関連が明らかとなった。小中高生それぞれ6名にアクチウォッチによる睡眠-覚醒の観察を行った結果、質問紙とアクチウォッチによる睡眠時間はほぼ一致していたが、不眠症傾向者の入眠潜時、中途覚醒時間との関連はみられなかった。以上の結果から、小中高生の不眠症の予防には、テレビの視聴時間の制限と就寝時刻を早めることの徹底が効果的であることが示唆された。
Type Local :研究報告書
Publisher :笹澤吉明
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/15407
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Education)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
18790410seika.pdf196KbAdobe PDFView/Open