HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Ryudai Review of Language & Literature >
No.32(1987/12) >

 
Title :"Overture to a Dance of Locomotives," "Spring and All," and "The Yachts" : William Carlos Williams's Dual Perspective and Social Criticism
Title alternative :“Overture to a Dance of Locomotives,”“Spring and All,”“The Yachts”におけるウィリアムズの二面性と社会批判
Authors :Taira, Masashi
Authors alternative :平良, 柾史
Issue Date :Dec-1987
Abstract :まだ医学生であったころ、ウィリアムズはキーツやホイットマンを愛読し、とりわけ Ehdymion や Leaves of Grass の影響を強く受けたことはウィリアムズ自身、『自伝』の中で述べているところであり、The Wanderer や Al Que Quiere! の詩にはロマン派的傾向が強くあらわれているようである。しかしながら、ロマン派的自然や創造的エネルギーを賛美する一方で、機械文明、物質文明に侵され、精神的よりどころを失いゆくアメリカ社会を鋭くみつめ、批判していくウィリアムズのもうひとつの視点も見逃すことはできない。この小論では、“Overture to a Dance of Locomotives,”“Spring and All,”“The Yachts”の三つの詩の解釈を中心に、ウィリアムズの二面性と社会批判をみていく。
Type Local :紀要論文
ISSN :0387-7957
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/15768
Citation :琉球大学語学文学論集 = Ryudai review of language & literature no.32 p.27 -43
Appears in Collections:No.32(1987/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No32p027.pdf3009KbAdobe PDFView/Open