HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Engineering >
Research Report (Faculty of Engineering) >

 
Title :沖縄の集落における空間の共有性及び環境保全規範の変遷と再構築
Title alternative :Communal Space and Norms of Environment Preservation in villages in Okinawa, History and Prospects of Reconstruction
Authors :清水, 肇
Authors alternative :Shimizu, Hajime
Issue Date :Mar-2000
Abstract :平成10年度、平成11年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書
研究概要:本研究は沖縄の集落を対象として空間の共有性と環境保全規範の変遷および再構築の展望について実態調査にもとづき考察を行ったものである。沖縄の集落を環境面で分類すれば3つに類型化される。すなわち、山原型、石灰岩台地型、珊瑚礁島嶼型である。このうち、石灰岩台地型集落は戦災と戦後復興、さらにその後の急激な都市化を経験しており、現代における諸問題への対応を考察する上で適切な調査対象として選定した。集落形態の原形を第二次大戦(沖縄戦)以前の状態の記録をもとに整理したところ、小丘陵が北側に位置し、共同利用空間が集落内に分布するプロトタイプを見出すことができた。19世紀末の「村内法」の記録により、これらの集落空間構成に対応した環境保全規範が共同体のルールとして存在したことが確認された。集落は共有空間を現在も保有しているが、これらは沖縄特有の歴史的経過により多様な共有空間として分布している。これらの共有空間は環境保全規範の継承にあたって重要な要素であるが、同時にコミュニティの社会的構成の変化への対応という課題が存在する。集落環境上重要な要素である丘陵緑地は、戦後徐々に減少している状況が確認された。さらに詳細な事例検討を行ったところ、この減少の背景として複雑な社会的経緯があることが見出された。すなわち、戦前における軍の駐屯における聖域や共同利用空間の利用、戦災による破壊、さらに戦後復興における共同利用空間の改変である。環境保全規範の再構築の展望については、戦後史の経緯を踏まえた共有空間の再生と地域社会の変化の様相に対応した地域社会の変革ならびに市民活動団体の役割の重要性が確認された。
要約(欧文):Purpose of research is to investigate on communal space and norms of environment preservation in villages of Okinawa. From viewpoint of environment villages in Okinawa can be divided into 3 types, Yanbaru type, Limestone plateau type and Risen coral reef type. Limestone plateau type villages have undergone fatal war damage and reconstruction period and rapid urbanization. Therefore this type is considered as an appropriate subject of investigation for the purpose of consideration on contemporary problems. Through analysis of records on state of villages before the W.W.II, battle of Okinawa, an prototype is distinguished, which has common spaces inside villages and small hills on northern side. According to the records of "Muranai-ho", community rules in Okinawan community, existence of norms of environment preservation as community rules is confirmed. Village communities owns common places, which is one of the result of historical particulars of Okinawa prefecture. Common places as properties are important elements of villages, on the other hand there are problems to correspond to changing composition of community. Small green zones which are important environmental elements of village are decreasing gradually after the War. According to case study in detail of an village, the decreases have background of complicated historical particulars of villages, which is the state of army post in village common space and sacred areas, fatal destruction of village during the battle of Okinawa and reconstruction process after the War. Considering the reconstruction of norms of environment preservation, importance of regeneration of common space and reform of community is confirmed.
Type Local :研究報告書
Publisher :清水肇
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/16030
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Engineering)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
10650611-1.pdf表紙,はしがき,目次696KbAdobe PDFView/Open
10650611-2.pdf第1章,第2章13181KbAdobe PDFView/Open
10650611-3.pdf第3章,第4章,あとがき11723KbAdobe PDFView/Open