HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Engineering >
Research Report (Faculty of Engineering) >

 
Title :地域におけるコモンズの再生を通じた子どもの生活空間形成計画の社会実験
Authors :清水, 肇
小野, 尋子
Authors alternative :Shimizu, Hajime
Ono, Hiroko
Issue Date :Mar-2008
Abstract :平成17年度~平成19年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書
研究概要:(平成19年度時点)平成17年度、18年度に実施した子どもの生活空間形成計画についての社会実験とその分析・考察を踏まえ、平成19年度は追加的な調査と全体のまとめを行った。(1)地域のプレーパークづくり活動を通じたコモンズの再生としては、初動期を経て、定例的なプレーパーク実施を基盤とした波及をはかる段階に入っており、安定した空間的資源として公園の活用とその従来の枠を若干越えた形での物的なストック拠点を得ることが起点となり、住宅団地内広場、街路利用などへと自由な遊びの場を広げていくプロセスが成立することを明らかにすることができた。(2)子どもが主体となり地域の生活空間を改善する取り組みの拠点として、子どもを対象に限定しない「コミュニティサロン」の実践が有効であり、そこを拠点とした調査活動の実施、地域における課題の明確化、地域で活用可能な空間の発見、そして、潜在的な空間資源を一時的ではあるがコモンズとしての意味を高めさせる実験として路上を活用した「路地裏遊び場」の実現に至った。(3)乳幼児と親子が集う場所の空間的条件をさぐるために、親子の集いの場の整備の実践についてプロセスを記録し、その過程で求められた条件を分析した。そこでは、特定のプログラムに制約されない自由な行為が成立する場であること、利用者が相互に利用条件を自律的に支える場であること、その空間的条件としての民家的空間(柔軟な境界領域、自然環境的空間要素とシェルター的空間を含めた一定の多様性を有する空間)が有効であること、を明らかにすることができた。
Type Local :研究報告書
Publisher :清水肇
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/16031
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Engineering)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
17560553-1.pdf表紙,はしがき,目次,序章1935KbAdobe PDFView/Open
17560553-2.pdf第1章5932KbAdobe PDFView/Open
17560553-3.pdf第2章12267KbAdobe PDFView/Open
17560553-4.pdf第3章,終章6140KbAdobe PDFView/Open