HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Medicine >
Research Report (Faculty of Medicine) >

 
Title :百寿を含む長寿者の骨量と関節症変化に影響する因子の研究
Title alternative :Factors which influence bone volume and arthritic changes in golden agers
Authors :大湾, 一郎
野原, 博和
我謝, 猛次
比嘉, 淳
Authors alternative :Owan, Ichiro
Nohara, Hirokazu
Gaja, Takeshi
Higa, Jun
Issue Date :31-Mar-2010
Abstract :2006年度~2008年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書
研究概要:沖縄県における大腿骨近位部骨折の発生件数を調査し、発生に関与する因子について多面的な調査を行った。特に80歳以上の高齢の受傷者では内科的合併症を有する者が多く、また2/3に認知症の合併も認められた。骨粗鬆症性骨折の既往を認める者も多く、認知症を有するが故に有効な骨折予防対策を講じることができず、骨折を繰り返し、寝たきりになる構図が考えられた。高齢化社会を迎え、大腿骨近位部骨折に対する予防対策は今後ますます重要になると思われるが、この問題には認知症の問題が大きく係わっており、認知症対策と連携して対策を講じる必要があると考えられた。
Type Local :研究報告書
Publisher :大湾一郎
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/16887
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Medicine)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
18591669seika.pdf305KbAdobe PDFView/Open