ホーム    概要    マイリポジトリ    English    図書館    琉球大学    問合せ

University of the Ryukyus Repository >
農学部 >
学術雑誌掲載論文(農) >

 
タイトル :沖縄島北部に生息するジャワマングース(Herpestes javanicus)の食性と在来種への影響
別言語のタイトル :Food Habits of the Feral Small Asian Mongoose (Herpestes javanicus) and Impacts on Native Species in the Northern Part of Okinawa Island
著者 :小倉, 剛
佐々木, 健志
当山, 昌直
嵩原, 建二
仲地, 学
石橋, 治
川島, 由次
織田, 銑一
別言語の著者 :Ogura, Go
Sasaki, Takeshi
Toyama, Masanao
Takehara, Kenji
Nakachi, Manabu
Ishibashi, Osamu
Kawashima, Yoshitsugu
Oda, Sen-ichi
発行日 :2002-6-30
要約(Abstract) :沖縄島に移入されたジャワマングース(Herpestes javanicus)の食性と在来種への影響を把握するために,沖縄島の北部地域において捕獲した83頭のマングースの消化管内容物を分析した.餌動物の出現頻度と乾燥重量は,昆虫類(71%,88mg),爬虫類(18%,27mg)および貧毛類と軟体動物(12%,33mg)が高い値を示した.また,哺乳類,鳥類,両生類および昆虫類以外の節足動物もマングースに捕食され,マングースの餌動物は極めて多岐にわたっていた.マングースが捕食した餌動物の体重を算出すると,哺乳類,鳥類,爬虫類および昆虫類がほぼ均等の重量で消失していることが示唆された.一方,餌動物の個体数と繁殖力を考慮すると,爬虫類への影響は極めて大きいと考えられた.さらに餌動物として,固有種や絶滅のおそれが高い動物種が同定され,マングースがこれらの動物に直接影響を与えていることが明確になった.現状を放置すれば,海外の多くの島嶼で起こったマングースによる在来種の減少および絶滅が,沖縄島でも繰り返されることは明らかである.沖縄島では2002年3月までの予定で,やんぱる地域に侵入したマングースの駆除が実施されているが,やんぱる地域における駆除の完了は急務であり,これ以降の駆除事業の継続が強く望まれる.さらに駆除した地域へマングースを侵入させない方法を早急に確立する必要がある.
The diet of the small Asian mongoose, Herpestes javanicus, was studied by analyzing the contents in the digestive tracts of 83 mongooses caught in the northern part of Okinawa Island. Among all taxons, insects had the highest frequency of occurrence and highest mean dry weight (71%,88mg) in the hoods; reptiles (18%,27mg), oligochaetes and mollusks (12%,33mg) were also highly represented. The analysis showed that the mongooses preyed on a wide variety of avians, mammals, amphibians and arthropods. Correcting for the body weights of individual preys suggests that the mongooses consumed avians, mammals, reptiles and insects in equal proportions. However, considering the population and reproductive capability of each of these taxons in the habitat, it can be concluded that reptiles may be the most vulnerable taxon on the island. Furthermore, it was ascertained that the mongooses preyed upon endangered, endemic native species. It is obvious that the native species that inhabited the northern part of Okinawa dwindled in population and eventually were made extinct by the mongoose. If we execute the extirpation plan immediately, it is probable that the worst scenario in the conservation of the ecosystem on Okinawa Island can be avoided.
収録種別 :雑誌掲載論文
ISSN :0385-437X
公開者・出版者 :日本哺乳類学会
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/1712
掲載雑誌 :哺乳類科学 = Mammalian science Vol.42 no.1 p.53 -62
出現コレクション:学術雑誌掲載論文(農)

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
ogura_g06.pdf1013KbAdobe PDF見る/開く